ツインバード、ワンセグ音声も聴けるシンプル操作の3バンドラジオ

ツインバード工業は10月22日、手元スピーカー機能付き3バンドラジオ「AV-J125W」を発表した。発売は11月中旬で、希望小売価格は15,750円。

大きいボタンとシンプルな操作が特徴の手元スピーカー機能付き3バンドラジオ「AV-J125W」

AM/FMラジオと、ワンセグ放送の音声を受信できる3バンドラジオに、テレビなどの音声を手元で聴ける"手元スピーカー機能"をプラスした製品だ。手元スピーカー機能はワイヤレスではなく、テレビのイヤホン端子とコードで接続するタイプで、約5mの接続用コードが付属する。

本体の上面に大型のボタンと液晶パネルを配置。ボタンは、電源のオン/オフ、機能の切り替え、音量調節、選局のみとシンプルだ。プリセット機能などは搭載されておらず、受信の際は、選局ボタンによってチューニングを行う。

電源は、単3形電池×4本、または付属のACアダプターとなっている。アルカリ乾電池を使用した場合、手元スピーカーとしては約33時間の連続使用が可能だ。ラジオとしては、ワンセグテレビ音声の場合は約19時間、FM放送は約23時間、AM放送は約23時間の連続受信が可能だ。

本体サイズは約W200×D80×H150で、重量は約560g。持ち運び時に使用するキャリングハンドルも装備されている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事