KDDI、クアッドコアCPUとIPS液晶搭載の全部入りスマホ「Optimus G LGL21」

 

KDDI、沖縄セルラーは17日、同社の2012年冬モデルとして、LGエレクトロニクス製のAndroidスマートフォン「Optimus G LGL21」を発表した。クアッドコアCPUとIPS液晶ディスプレイのほか、ワンセグやおサイフケータイ、NFCを搭載するなど高いスペックを盛り込む。2012年11月2日の発売を予定する。

Optimus G LGL21

「Optimus G LGL21」は、約4.7インチのIPS液晶液晶ディスプレイを搭載。CPUに1.5GHzのクアッドコアCPU「APQ8064」を採用。内蔵メモリーはROMが16GB、RAMが2GB。外部メモリーは最大64GBのmicroSDXCに対応。OSはAndroid 4.0。

通信面では4G LTEおよびWIN HIGH SPEEDに対応。4G LTEでは下り最大75Mbps/上り最大25Mbps、WIN HIGH SPEEDでは最大9.2Mbps/上り最大5.5Mbpsの通信が利用できる。テザリング機能も搭載、最大10台までのWi-Fi対応機器を接続できる。

機能面では、動画を再生中にWebブラウザを立ち上げ、検索やWebブラウジングができたり、ワンセグ視聴中にTwitterアプリでつぶやくことができるといった「ながら操作」に実現したUIを搭載。複数機能やアプリケーションの同時使用が可能となった。

また、メインカメラには有効約1300万画素、サブカメラに有効約130万画素のCMOSカメラを搭載するほか、ワンセグ、おサイフケータイ、NFC、赤外線通信、Bluetooth 4.0、Wi-Fi(IEEE 802.11a/b/g/n)、安心アクセス for Android、グローバルパスポート、緊急速報メール、auスマートパスの利用も可能。

本体サイズは約W69×D137×H9.6(最厚部10.3)mm。重量は約143g。本体カラーはアストロブルーとプリズムホワイトの2色。IPX5/IPX7相当の防水性能を備える。3G連続待受時間は約440時間、LTE連続待受時間は約420時間。端末本体のバッテリ容量は2,100mAh。急速充電に対応し、短時間での充電が可能。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ドコモと仙台市、ドローンなどICT利用で活力ある街作りで連携
[10:15 8/30] 企業IT
プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー