スマートフォンユーザーの4割が月額利用料に不満 - MMD研究所調査

 

MMD研究所は16日、「スマートフォン所有者の利用料金に関する実態調査」の結果を公表した。同調査により、スマートフォンの月額利用料への満足度や利用料金を抑えるための個々の対策、テザリングへの興味の度合いが明らかになった。

同調査はインターネットWEBによるオンライン調査により行い、スマートフォン所有者557人を対象に実施したもの。調査でまず、スマートフォンの毎月の利用料金の満足度について聞いたところ、「不満である」「やや不満である」と答えたユーザーは38%となり、「満足している」「やや満足している」の34.7%を上回った。

利用料金の満足度

また、利用料金を抑える対策について聞いたところ、「無料Wi-Fi」「グループチャットアプリ」「IP電話」「無料電話」の利用が上位にあがった。SIMカードやモバイルルーターなどのデータ通信に焦点をあてた対策は利用率が少ない結果となった。

毎月の利用料金を抑えるための対策

テザリングの興味や利用率についても調査したところ、「興味があり、利用している」が16.3%、「興味があるが、利用していない」が46.9%、「興味はなく、利用していない」が36.8%と、興味があるユーザーが63.2%に対して、利用しているユーザーは全体の2割に満たない結果となった。

テザリングに対する興味および利用率

テザリングを利用しない理由としては「テザリングの必要性を感じないから」が26.6%、「使い方・設定方法が分からないから」が22.1%、「バッテリーがなくなるのが早いからが17.0%などが上位を占めた。

テザリングを利用しない理由

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

「超☆汐留パラダイス」をアンバサダーアナが体験 - ガキ使バスは2台に増便
[08:00 7/24] エンタメ
山口宇部空港に初の国際線定期便就航 - 韓国・仁川線をエアソウルが週3便
[07:00 7/24] 趣味
サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第57回 厚生年金、国民年金にはしっかり加入する!
[07:00 7/24] マネー
NEWS小山慶一郎、間違えたら粉まみれ!「本物」と「食品サンプル」を見極める
[06:00 7/24] エンタメ
“プリンス”山崎育三郎の私生活が明らかに『おしゃれイズム』に登場
[06:00 7/24] エンタメ