ドコモ、「dマーケット」を拡充 - オリジナルのソーシャルゲーム配信など

NTTドコモは11日、同社のスマートフォン向けコンテンツを提供するプラットフォーム「dマーケット」を拡充すると発表した。新たに、同社が厳選したゲームを提供する「dゲーム」とネットショッピングサービス「dショッピング」を開設する。dゲームは11月下旬より、dショッピングは12月中旬より提供を開始する予定。

dゲームは、大手のゲーム会社と協力し、ドコモが厳選したゲームを提供するサービス。ドコモ以外のスマートフォン・携帯電話でも利用することが可能だという。サービス開始時点では、ソーシャルゲームを中心に、ドコモオリジナルタイトルを含め、15タイトルを用意した。

dショッピングは、スマートフォン/タブレットで利用できるネットショッピングサービス。「ドコモ ケータイ払い」に対応する点が特長で、毎月のドコモの携帯電話料金と一緒に購入代金を支払うことができる。

サービス開始時点では、水・飲料などの食品、洗剤・シャンプーなどの日用品や「らでぃっしゅぼーや」の有機野菜、「オークローンマーケティング」の通販商品など、約70,000アイテムを取り扱う。取り扱い商品は今後、随時追加するとしている。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事