AppleのPassbook、大リーグではEチケット購入者の12%が利用

 

iOS 6の新機能「Passbook」。電子化されたチケットやクーポンなどをiPhoneやiPod touchで管理・利用できるようにする。同プラットフォームの活用にいち早く乗り出したMLB (メジャーリーグベースボール)でPassbookの普及率が好調な数字を記録したことが、MarketWatchのMLBへの取材で明らかになった。

iOS 6のリリースは9月19日であったため、10月3日にレギュラーシーズンを終えたMLBがPassbookを本格的に活用するのは来シーズンからになる。今年は4チーム (サンフランシスコ・ジャイアンツ、ニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックス、カンザスシティ・ロイヤルズ)において、レギュラーシーズンの最後の2週間にPassbookの試験的なサービス提供を行った。その結果、Eチケット購入者の12%に相当する約1500人がチケットのPassbookへの追加を選択した。MLB Advance MediaのCEOであるBob Bowman氏は「この普及率にわれわれは圧倒された。ベースボールファンがデジタルチケットを求めているのは疑いの余地がない」とコメントしている。

昨年2011年のレギュラーシーズンに、従来の紙のチケットは全体の55%だった。電子メールやテキストメッセージでの配信を選択する購入者が少しずつ増加してきたが、スマートフォンの普及によってそのペースに加速がつき始めた。Passbookのようなプラットフォームの登場でEチケットがより使いやすくなり、2013年シーズンにはEチケットが90%を超えると見ている。

人気記事

一覧

新着記事

日本IBM、オールフラッシュ・ストレージ「IBM Storwize」の新製品発表
[15:12 8/25] 企業IT
ドコモショップが保険選びをサポート「ドコモでほけん相談」
[15:12 8/25] スマホとデジタル家電
たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア