AppleのPassbook、大リーグではEチケット購入者の12%が利用

 

iOS 6の新機能「Passbook」。電子化されたチケットやクーポンなどをiPhoneやiPod touchで管理・利用できるようにする。同プラットフォームの活用にいち早く乗り出したMLB (メジャーリーグベースボール)でPassbookの普及率が好調な数字を記録したことが、MarketWatchのMLBへの取材で明らかになった。

iOS 6のリリースは9月19日であったため、10月3日にレギュラーシーズンを終えたMLBがPassbookを本格的に活用するのは来シーズンからになる。今年は4チーム (サンフランシスコ・ジャイアンツ、ニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックス、カンザスシティ・ロイヤルズ)において、レギュラーシーズンの最後の2週間にPassbookの試験的なサービス提供を行った。その結果、Eチケット購入者の12%に相当する約1500人がチケットのPassbookへの追加を選択した。MLB Advance MediaのCEOであるBob Bowman氏は「この普及率にわれわれは圧倒された。ベースボールファンがデジタルチケットを求めているのは疑いの余地がない」とコメントしている。

昨年2011年のレギュラーシーズンに、従来の紙のチケットは全体の55%だった。電子メールやテキストメッセージでの配信を選択する購入者が少しずつ増加してきたが、スマートフォンの普及によってそのペースに加速がつき始めた。Passbookのようなプラットフォームの登場でEチケットがより使いやすくなり、2013年シーズンにはEチケットが90%を超えると見ている。

人気記事

一覧

新着記事

秋葉原で一番くじ『艦これ』×『アニON STATION』のコラボイベントを開催
[18:00 7/30] ホビー
冬目景の新連載がバーズで、ミュージシャン父に持つ女子高生と美人転校生描く
[17:44 7/30] ホビー
[生駒里奈]「もっと血だらけになりたい」ホラー第3弾へ意欲
[17:01 7/30] エンタメ
[リトルマーメイド]「名古屋四季劇場」オープニング作 人魚が宙を“泳ぐ”演出に注目 あすチケット発売
[17:00 7/30] エンタメ
TVアニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』第五章のあらすじ&先行場面カット
[17:00 7/30] ホビー