ソフトバンク、通信機能付フォトフレーム「PhotoVision」にフルセグを搭載

ソフトバンクモバイルは9日、同社の2012~13年冬春商戦向けの新製品として通信機能付フォトフレーム「PhotoVision」に、地上デジタルテレビ放送を視聴可能なフルセグを搭載した「PhotoVision TV 202HW」を発表した。12月下旬以降に発売を予定する。

PhotoVision TV 202HW

「PhotoVision」は、3G通信機能を搭載したデジタルフォトフレームで、携帯電話やスマートフォンで撮影した写真や動画をメールで送信し、スライドショーとして楽しめるほか、SDカードに保存したデータも見ることができる。

「PhotoVision TV 202HW」では、フルセグを搭載。地上デジタル放送を視聴できる。付属のリモコンを利用して、テレビ番組の録画が可能で録画した番組は、本体のメモリやSDカードに保存ができる。

また、IPX5の防水に対応するほかバッテリを内蔵し、家の中で持ち運んで写真や動画、テレビ番組を見ることができる。

このほか、従来モデルから対応していた「緊急速報メール」やカレンダー、時計機能なども搭載する。人感センサーを搭載することで人が前にいない場合は画面を自動でオフに、再度人が前にくると画面を自動でオンにする。

主な仕様は、ディスプレイが約9型(800×480ドット)、対応ファイル形式が、静止画はJPEG、GIF、BMP、PNG、動画はMP4、3GP、MOV、音声はMP3、WAV、MIDI、Ogg、m4a。内部メモリが約2.5GB、対応メモリがSDHC(最大32GB)、録画可能時間は本体メモリの場合、高画質のフルセグで約2.5時間、低画質で約9時間。32GBのSDHCに保存した場合は、高画質のフルセグで約29時間、低画質で約102時間。バッテリ駆動時間はテレビ連続視聴時で約1.5時間。

発表会場に展示されていた「PhotoVision TV 202HW」



関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事