ソフトバンク、2012年~2013年冬春モデル発表 - 全機種「SoftBank 4G」対応

ソフトバンクモバイルは10月9日、2012年冬~2013年春モデルのスマートフォン新製品を発表した。今回発表した新製品は、全機種同社のLTEサービス「SoftBank 4G」、テザリングに対応。10月10日より順次提供を開始する。

同日、都内で新製品発表回を開催。同社社長の孫正義氏、上戸彩さんらが出席した

今回発表した新製品は、大型ディスプレイにクアッドコアCPUを搭載した「AQUOS Xx 203SH」「Arrows A 201F」、電源やカメラ起動が速いHuawei製端末「STREAM 201HW」、ケブラー素材をボディに採用した米モトローラ製端末「RAZR M 201M」、女子高生などをターゲットにした「HONEY BEE 201K」、25色のカラーバリエーション、7種類の柄シールで提供する「PANTONE 6 200SH」。Disney Mobile on SoftBank新モデルやフルセグを搭載したフォトフレーム「PhotoVision TV 202HW」なども提供する。

このほか、エイベックス・グループと協力して提供する新たな音楽サービス「UULA (ウーラ)」を提供することも発表。さらに、専用端末を自宅のテレビに接続することで、UULAやツタヤの動画コンテンツを楽しめる「スマテレ」なども提供することを明らかにした。

エイベックス・グルー社長の松浦勝人氏も登壇し、「UULA」をアピール

同社では、新製品の発表にあわせて、都内で発表会を開催。同社社長の孫正義氏、上戸彩さんら出席し、新製品をアピールした。発表会の模様は追ってお伝えする

(記事提供: AndroWire編集部)



関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事