iOS 6搭載iPhone/ iPadでGoogle「ストリートビュー」の利用が可能に

 

米Googleは10月4日(現地時間)、モバイルブラウザから利用するGoogleマップ(Google Maps)に「ストリートビュー」を追加した。これによりiOS 6を搭載したiPhone、iPod touch、iPadでもストリートビューを使えるようになった。

ストリートビューは、360度のパノラマ写真でマップ上の場所をバーチャルに再現し、ユーザーがストリートレベルからの視点で散策できる機能。近年では、ストリートビューで建物内の様子を公開する施設や店舗も増えている。

今回のモバイルブラウザ版Googleマップへのストリービューの追加は、iOS 6ユーザー向けの機能と言える。Appleが9月にリリースしたiOS 6で、標準のマップアプリを従来のGoogleのマップサービスをベースにしたものから独自のアプリに変更。その影響で、iOS 6デバイス・ユーザーがストリートビューを使用できなくなっていた。現時点でiOS向けのGoogleマップ・アプリは提供されておらず、モバイルブラウザ版のGoogleマップはストリートビューをサポートしていなかったためだ。iOS 6の新しいマップ・アプリはFlyoverという3Dモデルと航空写真で表示した街を上空から操作できる機能を備えるが、ストリービューのように地上から周囲を眺めることはできない。

モバイルブラウザ版のGoogleマップを利用するには、スマートフォンやタブレットのブラウザからmaps.google.co.jpにアクセスする。iPhoneやiPad、iPod touchではWeb版のGoogleマップへのリンクをホーム画面に追加しておけば、ホーム画面から簡単にアクセスできるようになる。ストリートビューを表示するは、まず見たい場所を検索する。すると、画面の右下に"ペグマン"のボタンが現れるので、タップすると新規タブでストリートビューが開く。また検索結果画面の左下に表示されるリンクをタップすると、詳細情報や関連情報、Googleユーザーが共有している写真などをまとめたページが開く。店舗や施設が対応している場合は、このローカル情報ページから店内/施設内のストリートビューにアクセスできる。

モバイルブラウザでGoogleマップにアクセスし、場所や店を検索すると画面下にローカル情報へのリンク、経路案内とストリートビューのボタンを備えたバーが現れる。

ストリートビューのボタン(ペグマン)をタップすると、新しいタブでストリートビュー画面が開く(画像はGoogle本社)。

レストランやバー、店などを検索して、左下のローカル情報へのリンクをタップすると、Googleが提供する店の情報やレビュー、ユーザーが投稿した写真などをまとめたページが開く。パノラマの店内の写真をタップすると店内ストリートビューが開く。

サンフランシスコにあるDistrict Wine Barの店内ストリートビュー

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ASUS Vivobook E200HAを試す - 税込3万円台から買える11.6型軽量モバイルノートがパワーアップ
[05:00 7/26] パソコン
ウィル・スミス、3年ぶり来日決定! 悪党映画『スーサイド・スクワッド』PRで
[05:00 7/26] エンタメ
[ラブライブ!サンシャイン!!]Aqoursの3枚目シングルがオリコン4位 発売初週に4.7万枚
[04:00 7/26] ホビー
『ラブライブ!サンシャイン!!』、Aqoursの3rdシングルがオリコン初登場4位
[04:00 7/26] ホビー
半導体センサの成長率は数量では2桁も金額では数%程度 - IC Insights
[03:28 7/26] テクノロジー