米Google、間もなくiOS 6用のWeb版Google MapsにStreet View機能を追加か

 

米GoogleがWebアプリ版Street Viewを10月4日(現地時間)にも発表する計画だという。現在、iPhone 5ではApple謹製のMapsアプリがインストールされ、Google版はWebブラウザ上でしか利用できない。今回の機能追加でこのWeb版Google MapsにおいてもStreet Viewの利用が可能になる。

同件はWall Street JournalのコラムニストWalt Mossberg氏がAll Things Digitalの記事の中で関係者の話として伝えている。同氏はGoogle関係者より事前プレビューの形で機能テストを行っており、iPhoneやiPadからWebブラウザ上で360度のパノラマ画像がスムーズに閲覧できることを確認しているという。現時点でiOS上で動作するGoogle MapsはWeb版のみであり、機能的にも基本的なビジネス検索機能とルート検索しかない。もしこれにStreet Viewの機能が加われば、多少なりともネイティブアプリ版の機能へと近付くだろう。

この詳細については追ってフォローする予定だ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

網屋と富士通、ベトナム市場にてサーバアクセスログ管理ツールの販売開始
[17:02 8/25] 企業IT
大ヒット映画『シン・ゴジラ』の”女性限定鑑賞会議”とは?
[17:00 8/25] エンタメ
Dialog、TSMC 650V GaN on Siプロセスを採用したパワー半導体を発表
[16:56 8/25] テクノロジー
iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ