Google、Androidアプリ「Google日本語入力」に"Godanキーボード"を導入

 

Googleは4日、Android版「Google日本語入力」アプリの最新版の提供を開始した。ケータイ配列、QWERTY配列に続く新しいキー配列「Godanキーボード」が搭載されたのが特徴。

Godanキーボード

Godanキーボードは快適にローマ字入力することを目的にデザインされたソフトウェアキーボード。右手で子音(K、S、T、N……)、左手で母音 (A、I、U、E、O)を入力することで快適に利用できる。ヘルプページでは濁音/半濁音、アルファベット、数字、記号の効率的な入力方法なども紹介されている。Google日本blogでは、「フリック操作に馴染めない」「QWERTY のキーが小さくて打ちづらい」「長文を書くときにはついPCのところへ行ってしまう」といった違和感や使いづらさを感じている人に使って欲しいとしている。


(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

低収入でも貯蓄が多い人の特徴4選
[09:00 9/29] マネー
【特別企画】クラウドコンピュータ利用で医療・創薬はどう変わる? 大規模解析・最適設計のカンファレンス開催
[09:00 9/29] テクノロジー
さらばGWX、ようやく削除された「Windows 10を入手する」 - 阿久津良和のWindows Weekly Report
[09:00 9/29] パソコン
新しいデザイン言語でリニューアル - デル、14型/15.6型ノートPC「New Vostro」発表会から
[08:50 9/29] パソコン
ドスパラ、NUC規格準拠のクリエイター向け小型PCにSkylake搭載モデル
[08:34 9/29] パソコン