フジテレビ、3DCGアナウンサー杏梨ルネ採用! -キャラデザは江川達也

フジテレビは、デジタル新人女性アナウンサー 杏梨ルネを採用したと発表した。

杏梨ルネは、同社がリアルタイムで話して動く3Dの「デジタルアナウンサー」としてオリジナルで製作したもの。キャラクターデザインは、漫画家の江川達也が担当した。音声は同社の若手女性アナウンサーの声をサンプリング。動きについてはモーションキャプチャーを使用するほか、今後さまざまな技術を開発、使用していく予定としている。キャラクターデザインを担当した江川氏は「今回のデザインの際には、天然で、素直で、スポンジのような吸収力をもった人間で、人の気持ちを察することができるアナウンサーになるような思いでデザインしました。臨機応変にいろいろなことにチャレンジして、デジタルの世界でカメレオンのような変化をしていってほしいと思います」とコメントしている。

同アナウンサーの出演する番組は、10月15日スタートの深夜帯番組『にっぽんのミンイ』に決定。アヤパン、カトパン、ミタパンといった歴代の人気アナウンサーの冠番組であり、女性アナウンサーの登竜門的番組である「パンシリーズ」が放送されていた枠の新番組となる。そのほか、YouTube上で番組関連動画をアップしていく企画を実施する「COOLTV」(月曜から金曜の23時台の新番組)のCMにも登場する予定だ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事