福島・宮城県境のJR常磐線駒ヶ嶺~浜吉田間、2014年春の工事着手をめざす

 

JR東日本水戸支社・仙台支社はこのほど、東日本大震災で大きな被害を受けた常磐線相馬~亘理間のうち、駒ヶ嶺~浜吉田間の復旧計画について発表した。

仙台駅からの常磐線電車は現在、亘理駅までの運行となっている

常磐線原ノ町駅以北では現在、原ノ町~相馬間と亘理~仙台間で特別ダイヤによる運行が続けられている。バス代行輸送が行われている相馬~亘理間については、「まちづくりと一体となった復旧」を進めることに。うち浜吉田~亘理間は現位置で復旧工事が行われ、2013年春に運転再開予定となっている。

駒ヶ嶺~浜吉田間は線路を移設して復旧する予定で、このほど関係機関との調整がおおむね整ったことから、用地取得を前提に2014年春の工事着手をめざすことになった。新地駅の手前(駒ヶ嶺駅側)から現行ルートより山側へ線路を移設し、新たに設置される新地駅、坂元駅、山下駅を経て、現行ルート上にある浜吉田駅へ至る計画となっている。

運転再開までに要する期間は工事着手から3年程度を見込んでおり、現位置での復旧となる相馬~駒ヶ嶺間についても、駒ヶ嶺~浜吉田間と同時期に運転再開する予定。具体的な運転再開の時期はあらためて告知するという。JR東日本水戸支社・仙台支社は、「工事着手に向けて、引き続き関係自治体と連携し、早期復旧に向けて取り組んでまいります。用地取得についても地権者の皆さまにご協力をお願いしてまいります」と発表している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事