Google Playブックスが日本向けサービス開始、専用アプリも日本語に対応

9月25日より、グーグルが電子書籍サービス「Google Playブックス」の利用が日本でも可能となっている。同社が提供するAndroidアプリ/音楽/映画などの配信を行うプラットフォーム「Google Play」からアクセス可能だ。

Google Play上に「書籍」というカテゴリが用意され、有料/無料の電子書籍の購入が可能となった。「コミック」「コンピュータ/IT/技術/工学」「ビジネス / 経営 / 経済」「文芸」といったカテゴリが用意されている。これらのカテゴリから好みの書籍を購入・ダウンロードすることで、Android端末やiPhone/iPad、パソコンなどで読書を楽しめる。

Google Playブックスの提供イメージ

同サービス向けのAndroidアプリ「Google Play ブックス」も提供されており、これを利用することで、購入した書籍をAndroidスマートフォン/タブレット上で楽しめる。Google Play ブックスの日本向けサービス開始に伴い、アプリもバージョンアップしており、縦書き(右から左)レイアウトと日本語フォントの書籍に対応した。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事