Google Playブックスが日本向けサービス開始、専用アプリも日本語に対応

 

9月25日より、グーグルが電子書籍サービス「Google Playブックス」の利用が日本でも可能となっている。同社が提供するAndroidアプリ/音楽/映画などの配信を行うプラットフォーム「Google Play」からアクセス可能だ。

Google Play上に「書籍」というカテゴリが用意され、有料/無料の電子書籍の購入が可能となった。「コミック」「コンピュータ/IT/技術/工学」「ビジネス / 経営 / 経済」「文芸」といったカテゴリが用意されている。これらのカテゴリから好みの書籍を購入・ダウンロードすることで、Android端末やiPhone/iPad、パソコンなどで読書を楽しめる。

Google Playブックスの提供イメージ

同サービス向けのAndroidアプリ「Google Play ブックス」も提供されており、これを利用することで、購入した書籍をAndroidスマートフォン/タブレット上で楽しめる。Google Play ブックスの日本向けサービス開始に伴い、アプリもバージョンアップしており、縦書き(右から左)レイアウトと日本語フォントの書籍に対応した。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

Apple Watch Series 2のスイミングワークアウトを試す - 松村太郎のApple深読み・先読み
[22:32 9/29] スマホとデジタル家電
アミュレット、USB 3.1 Gen2対応でRIAD機能搭載のストレージケース
[22:19 9/29] パソコン
柳葉敏郎、さんまへの土下座の真相告白「タクシーの前で…」
[22:15 9/29] エンタメ
[ベッキー]上半身ヌードでセクシーに“美背中”披露 髪もばっさりショートに
[22:12 9/29] エンタメ
長谷川豊、ブログ発言での報道番組降板「夢にも思っていませんでした」
[21:52 9/29] エンタメ