ソフトバンク、iPhone 5が緊急速報メールに10月下旬から対応

ソフトバンクモバイルは、緊急速報メールの対応状況について、このほど同社ホームページ上で明かした。それによると、現段階でiPhone 5が4G LTEエリア内で同サービスに未対応とし、10月下旬から順次対応するとしている。

緊急速報メールは、気象庁が配信する「緊急地震速報」「津波警報」、国・地方公共団体が配信する「災害・避難情報」などを、対象エリアにいるユーザーに対して同報で配信するサービス。このほど発売されたiPhone 5では、4G LTEエリア内では同サービスに対応していない。ただし、「LTEをオンにする」をオフに切り替えることで同サービスが利用できるという。

同社では、現在、対応への準備を進めており、10月末より4G LTEエリア内でも利用できるよう順次サービスを開始し、12月には全国で対応予定としている。

iPhone 4Sユーザーは、iOS 6へのソフトウェアアップデートを実施することで、(緊急地震速報+津波警報+災害・避難情報)が利用可能になり、iPhone 4ユーザーは、緊急地震速報及び津波警報が利用可能になる。

このほか、現在発売中および2011年冬モデル以降で、本サービス非対応のSoftBankスマートフォンは、ソフトウェアアップデートで対応予定。



関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事