村田製作所と幸和製作所、新型電動歩行アシストカー「KeePace」を開発

ニュース
トップ

村田製作所と幸和製作所、新型電動歩行アシストカー「KeePace」を開発

村田製作所は9月21日、福祉用具の総合メーカーの幸和製作所と共同で、電動歩行アシストカー「KeePace(キーパス)」(画像)を開発したことを発表した。

画像1。KeePace。黒とオレンジの2種類があり、全高が黒の方が10cmほど高い(公式Webサイトの動画より抜粋)

同社製MEMSジャイロセンサ(傾きや曲がりの変化を検知する角速度センサ)や傾斜センサ(傾斜角度を計測するセンサ)、倒立振子制御技術などを組込んだ「アシスト制御システム」の進化と、駆動機構や制御機器の最適設計により小型化を成し遂げたことで、坂道での歩行サポートや旋回機能が向上した。

なお、KeePaceは2012年9月26日より東京ビッグサイトで開催される「第39回 国際福祉機器展」の幸和製作所ブースにて、また2012年10月2日より千葉県・幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN2012」の同社ブースで展示する予定。

同社の技術PRロボット、自転車型ロボット「ムラタセイサク君」や一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん」は、ジャイロセンサを核とした倒立振子制御技術によってボディの傾きを検知し、静止したまま倒れない「不倒停止」を実現している。この技術を応用し、2011年のCEATEC JAPAN2011では電動歩行アシストカーのコンセプトモデルを出展していた。

今回はその電動歩行アシストカーを高齢者や足腰が不自由な人向けの歩行補助車として、国内シルバーカーシェア50%を占める幸和製作所と共同開発した形だ。

外形寸法は黒いタイプが全幅400mm×全長250mm×全高950mmで、オレンジ色のタイプが全高が850mmと10cmほど低くなっている。重量は両タイプとも約10kgだ。

関連したタグ


ITセミナー

一覧

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    日銀、"追加緩和"決定--マネタリーベース増額目標を年80兆円に、4人が反対
    [16:37 10/31] マネー
    トヨタ、愛知県でPHVやEV用の普通充電インフラ普及に向けた実証実験を実施
    [16:34 10/31] ライフ
    【連載】面接でそんなこと聞きますか 第70回 「好きなアニメは何か」
    [16:30 10/31] キャリア
    「Google Drive」からファイルを盗み取る新ウイルスに注意 - ESET
    [16:18 10/31] パソコン
    日本代表のユニフォームを着て夜の大阪をランニング…宮本恒靖氏が参加
    [16:16 10/31] ライフ

    特別企画

    一覧