村田製作所と幸和製作所、新型電動歩行アシストカー「KeePace」を開発

ニュース
トップ

村田製作所と幸和製作所、新型電動歩行アシストカー「KeePace」を開発

村田製作所は9月21日、福祉用具の総合メーカーの幸和製作所と共同で、電動歩行アシストカー「KeePace(キーパス)」(画像)を開発したことを発表した。

画像1。KeePace。黒とオレンジの2種類があり、全高が黒の方が10cmほど高い(公式Webサイトの動画より抜粋)

同社製MEMSジャイロセンサ(傾きや曲がりの変化を検知する角速度センサ)や傾斜センサ(傾斜角度を計測するセンサ)、倒立振子制御技術などを組込んだ「アシスト制御システム」の進化と、駆動機構や制御機器の最適設計により小型化を成し遂げたことで、坂道での歩行サポートや旋回機能が向上した。

なお、KeePaceは2012年9月26日より東京ビッグサイトで開催される「第39回 国際福祉機器展」の幸和製作所ブースにて、また2012年10月2日より千葉県・幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN2012」の同社ブースで展示する予定。

同社の技術PRロボット、自転車型ロボット「ムラタセイサク君」や一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん」は、ジャイロセンサを核とした倒立振子制御技術によってボディの傾きを検知し、静止したまま倒れない「不倒停止」を実現している。この技術を応用し、2011年のCEATEC JAPAN2011では電動歩行アシストカーのコンセプトモデルを出展していた。

今回はその電動歩行アシストカーを高齢者や足腰が不自由な人向けの歩行補助車として、国内シルバーカーシェア50%を占める幸和製作所と共同開発した形だ。

外形寸法は黒いタイプが全幅400mm×全長250mm×全高950mmで、オレンジ色のタイプが全高が850mmと10cmほど低くなっている。重量は両タイプとも約10kgだ。

関連したタグ


ITセミナー

一覧
  • Java高速開発ツールの最先端…APサーバの再起動が不要に! 年間約5週間以上の工数を削減
    インフォメーションディベロプメント 照井氏

  • 流通・小売で最先端の取り組みを行う3社のデータ活用事例、ノウハウをご紹介
    【Session】ファミリーマート 坂井氏

注目特集

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    ベルギー代表MFがツイッターで人探し…心動かされた1枚の写真とは
    [23:53 3/28] ライフ
    快勝翌日に次戦を見据える香川「厳しいところでどれだけできるか」
    [23:16 3/28] ライフ
    柴門ふみ×元町夏央がタッグ!ラブストーリー新連載がマンガボックスで
    [23:13 3/28] ホビー
    A組の全3試合がドロー、B組は名古屋が2連勝/ナビスコ杯第2節
    [23:05 3/28] ライフ
    Iカップ青山ひかる、恋愛禁止も「秘密な関係になって……」
    [23:00 3/28] エンタメ

    特別企画

    一覧