ヤマハ、SMB向けセキュリティアプライアンス「FWX120」

  [2012/09/20]

ヤマハは9月20日、中小規模ネットワーク・SOHO向けセキュリティアプライアンスとして、ファイアウォール「FWX120」の発売を11月中旬から開始すると発表した。価格は8万1,900円。

「FWX120」は、SRT100の後継機種で、ヤマハ スマートL2スイッチとの連携によるLANの管理やギガビット対応、VPNトンネル数や同時セッション数の強化などに加え、設置・管理性向上のためLuaスクリプト対応やmicroSDスロットが追加されている。

「FWX120」

イーサネットインタフェースをギガビット対応にすることでスループット値を最大1Gbit/sとしたほか、USBポートとmicroSDスロットを各1ポート搭載し、USBデータ通信端末、USBメモリ、microSDカードなどを接続することで拡張機能にも対応する。

そのほか主な特徴として、既存のルータやPCの設定を変更せずに既存ネットワークに追加することができる「透過型ファイアウォール機能」や、診断機能・監視機能・レポート機能の3つで構成されているセ「キュリティーアドバイス機能」を搭載。

また、HTTPS通信に対応したURLフィルタ機能として、「内部データベース参照型URLフィルター」と「外部データベース参照型URLフィルター」の機能を備えており、「内部データベース参照型URLフィルター」は、URLの全部または一部をキーワードとして登録、そのキーワードと一致した文字列を含むURLへのアクセスを制限することができ、「外部データベース参照型URLフィルター」は、外部のURLフィルタリングサービス事業者のデータベースに問い合わせてアクセスを制限することができる。

さらに、接続を許可する端末(登録済み端末)と許可しない端末(未登録端末)を設定することで、許可の有無を区別し、それぞれの端末がアクセス可能なネットワークを制御することができる「DHCP端末認証機能」を備えている。

また、今後、定期的にメールセキュリティ情報をFWX120に取り込み、受信したメールチェックを行うメールキュリティ機能も追加する予定。

メールキュリティ機能

主な仕様はLANポートが2ポート、WANポートが1ポート、Flash ROMが16MB、RAMが256MB、最大消費電力が11W、外形寸法がW220×H42.6×D160.5mm、重量が870g。

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

CentOS 6.8登場
[09:00 5/27] 企業IT
IT業界で働く日本女性は有利か!?女性エンジニアの実情に迫る - 日本MS
[09:00 5/27] 企業IT
Holst/imecがセンサネットや将来のIoT向けに低消費電力無線チップを開発
[08:30 5/27] テクノロジー
【コラム】Windows 10ミニTips 第85回 UWP版「電卓」をショートカットキーで便利に使う
[08:20 5/27] パソコン
【コラム】サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第53回 おすすめ投資信託は「ノーロード」&「インデックス型」&「バランス型」(1)
[08:00 5/27] マネー

特別企画 PR