ヤマハ、SMB向けセキュリティアプライアンス「FWX120」

 

ヤマハは9月20日、中小規模ネットワーク・SOHO向けセキュリティアプライアンスとして、ファイアウォール「FWX120」の発売を11月中旬から開始すると発表した。価格は8万1,900円。

「FWX120」は、SRT100の後継機種で、ヤマハ スマートL2スイッチとの連携によるLANの管理やギガビット対応、VPNトンネル数や同時セッション数の強化などに加え、設置・管理性向上のためLuaスクリプト対応やmicroSDスロットが追加されている。

「FWX120」

イーサネットインタフェースをギガビット対応にすることでスループット値を最大1Gbit/sとしたほか、USBポートとmicroSDスロットを各1ポート搭載し、USBデータ通信端末、USBメモリ、microSDカードなどを接続することで拡張機能にも対応する。

そのほか主な特徴として、既存のルータやPCの設定を変更せずに既存ネットワークに追加することができる「透過型ファイアウォール機能」や、診断機能・監視機能・レポート機能の3つで構成されているセ「キュリティーアドバイス機能」を搭載。

また、HTTPS通信に対応したURLフィルタ機能として、「内部データベース参照型URLフィルター」と「外部データベース参照型URLフィルター」の機能を備えており、「内部データベース参照型URLフィルター」は、URLの全部または一部をキーワードとして登録、そのキーワードと一致した文字列を含むURLへのアクセスを制限することができ、「外部データベース参照型URLフィルター」は、外部のURLフィルタリングサービス事業者のデータベースに問い合わせてアクセスを制限することができる。

さらに、接続を許可する端末(登録済み端末)と許可しない端末(未登録端末)を設定することで、許可の有無を区別し、それぞれの端末がアクセス可能なネットワークを制御することができる「DHCP端末認証機能」を備えている。

また、今後、定期的にメールセキュリティ情報をFWX120に取り込み、受信したメールチェックを行うメールキュリティ機能も追加する予定。

メールキュリティ機能

主な仕様はLANポートが2ポート、WANポートが1ポート、Flash ROMが16MB、RAMが256MB、最大消費電力が11W、外形寸法がW220×H42.6×D160.5mm、重量が870g。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[木村拓哉]ラジオでファンの厳しい声紹介 「なぜすぐに帰国しなかった」
[00:08 8/27] エンタメ
Windows 10ミニTips 第112回 Microsoft Edgeの拡張機能を使う - Save to Pocket編
[00:00 8/27] パソコン
TVアニメ『アイドルメモリーズ』、「Shadow」のユニットPVを公開
[23:55 8/26] ホビー
音井れこ丸が描く睡眠不足な先生とJKのラブコメ2巻、元教え子も参戦
[23:31 8/26] ホビー
[今週シネマ]26日公開の映画「君の名は。」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」…
[23:21 8/26] エンタメ