ヤマハ、SMB向けセキュリティアプライアンス「FWX120」

ニュース
トップ

ヤマハ、SMB向けセキュリティアプライアンス「FWX120」

  [2012/09/20]

ヤマハは9月20日、中小規模ネットワーク・SOHO向けセキュリティアプライアンスとして、ファイアウォール「FWX120」の発売を11月中旬から開始すると発表した。価格は8万1,900円。

「FWX120」は、SRT100の後継機種で、ヤマハ スマートL2スイッチとの連携によるLANの管理やギガビット対応、VPNトンネル数や同時セッション数の強化などに加え、設置・管理性向上のためLuaスクリプト対応やmicroSDスロットが追加されている。

「FWX120」

イーサネットインタフェースをギガビット対応にすることでスループット値を最大1Gbit/sとしたほか、USBポートとmicroSDスロットを各1ポート搭載し、USBデータ通信端末、USBメモリ、microSDカードなどを接続することで拡張機能にも対応する。

そのほか主な特徴として、既存のルータやPCの設定を変更せずに既存ネットワークに追加することができる「透過型ファイアウォール機能」や、診断機能・監視機能・レポート機能の3つで構成されているセ「キュリティーアドバイス機能」を搭載。

また、HTTPS通信に対応したURLフィルタ機能として、「内部データベース参照型URLフィルター」と「外部データベース参照型URLフィルター」の機能を備えており、「内部データベース参照型URLフィルター」は、URLの全部または一部をキーワードとして登録、そのキーワードと一致した文字列を含むURLへのアクセスを制限することができ、「外部データベース参照型URLフィルター」は、外部のURLフィルタリングサービス事業者のデータベースに問い合わせてアクセスを制限することができる。

さらに、接続を許可する端末(登録済み端末)と許可しない端末(未登録端末)を設定することで、許可の有無を区別し、それぞれの端末がアクセス可能なネットワークを制御することができる「DHCP端末認証機能」を備えている。

また、今後、定期的にメールセキュリティ情報をFWX120に取り込み、受信したメールチェックを行うメールキュリティ機能も追加する予定。

メールキュリティ機能

主な仕様はLANポートが2ポート、WANポートが1ポート、Flash ROMが16MB、RAMが256MB、最大消費電力が11W、外形寸法がW220×H42.6×D160.5mm、重量が870g。

関連したタグ

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    高速ロスレス圧縮「LZHAM」、初のメジャーバージョンが登場
    [10:02 1/27] 開発・SE
    女性の多い職場ほどトラブルが多い!?
    [10:00 1/27] 恋愛・結婚
    オリラジ藤森、田中みな実との結婚時期を聞かれ「秋頃がいいですね」
    [10:00 1/27] エンタメ
    LIXIL、新感覚の内装壁タイル10種を発売。インテリア空間を華やかに演出
    [10:00 1/27] 住まい・インテリア
    【特別企画】パナソニックが世界市場で勝ち抜くためにブランド力再建と地域戦略を両立させた"Webエクスペリエンスの統一基盤"とは?
    [10:00 1/27] ホワイトペーパー

    特別企画

    一覧