郵便配達員が「通帳」預かり、"貯金引き下ろし"を代行--日本郵便が10/1開始

 

10月1日に郵便事業会社と郵便局会社が合併して発足する新会社「日本郵便」は、同日から、全国の52の郵便局(各県1局程度)において、配達員社員が顧客から通帳などを預かって、それを郵便局窓口担当社員に引継ぎ、渉外社員らが顧客に現金・通帳を届けるサービスを開始する。

同サービスは、民営分社化前に、郵便配達員による金融サービスを利用していた顧客のニーズに応えるもの。

10月1日に郵便事業会社と郵便局会社が合併して「日本郵便」が発足するのに伴い、郵便配達員社員が配達途上において、顧客から通常貯金の払戻しを依頼された際に、通帳などを預かって、それを郵便局窓口社員に引継ぎ、渉外社員らが顧客に現金・通帳を届けるサービスを開始する。

郵便配達社員による通帳預かりサービス概要図

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

リニア、デュアル入力モノリシック電源プライオリタイザ「LTC4420」を発表
[10:50 9/1] テクノロジー
Windows 10 Insider Preview、ビルド14915で「配信の最適化」が向上
[10:49 9/1] パソコン
リニア、60V同期整流式降圧バッテリチャージャコントローラ「LTC4013」
[10:31 9/1] テクノロジー
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (10) time要素の使い方
[10:30 9/1] 企業IT
ドコモショップで生命保険の販売がスタート、通信会社は何を狙うか
[10:30 9/1] 経営・ビジネス