ワークスAP、トレンドマイクロと協業し運用も含めたERPのクラウドサービス

ニュース
トップ

ワークスAP、トレンドマイクロと協業し運用も含めたERPのクラウドサービス

  [2012/09/14]

ワークスアプリケーションズ(以下、ワークス)とトレンドマイクロは9月13日、セキュリティ機能をさらに付加したクラウド運用を実現するために協業し、Amazon Web Service(以下、AWS)を利用した、クラウド運用サービス「COMPANY on Cloud Managed Service(以下、CCMS)」を9月下旬より提供すると発表した。

ワークスでは大手企業向けERPパッケージ「COMPANY」をクラウドサービス上で稼動させる研究開発に取り組み、2011年3月よりAWS対応版を提供している。今回、ワークスはAWSを利用し、COMPANYに特化した運用サービスCCMSの開始を決定した。

CCMSではパッケージのサポートのみならず、全てAWS上でクラウドの導入から運用までワンストップのサービスを提供する。本サービスの提供において、ワークスはトレンドマイクロと協業し、基幹業務に関わる機密情報を管理。

トレンドマイクロの不正プログラム対策、仮想パッチによるぜい弱性対策といったサーバセキュリティ技術を用いた仮想サーバの保護を標準で提供し、ワークスの専任エンジニアがクラウド上の「COMPANY」の構築、管理を支援し、ERPシステムの導入および運用にかかる顧客の負荷を軽減する。

CCMSは、「COMPANY」のコンセプトを基に、クラウドでEPRシステムを稼働するために必要な各種サービスを、パッケージ費用に応じた一定割合の定額料金で提供する。製品コンセプトは「ノーカスタマイズ」、「無償バージョンアップ」、「ギャランティメンテナンス・サービス」。

「CCMS」のサービスは、パッケージ費用に対する一定の割合の追加費用で下記のすべてのサービスを利用できる。

「CCMS」のサービス一覧

関連したタグ
    

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報