Apple、新たな接続コネクタ「Lightning」を採用、アダプタ&ケーブルも発売

Appleは12日(現地時間)に開催したスペシャルイベントの中でDockコネクタに代わる新たな接続コネクタ「Lightningコネクタ」をiPhone 5や第5世代iPod touch、第7世代iPod nanoなどに採用することを発表した。同時にApple Storeにおいて、LightningコネクタとDockコネクタの変換アダプタ2種、Lightning-USBケーブルの販売を開始している。出荷は10月の予定。

Lightningコネクタは、従来の30ピンDockコネクタに代わるiOSデバイス/iPod用の新たな接続コネクタ。8ピン仕様で、Dockコネクタよりもずっとコンパクトになっている。

iPhone 5に装備されたLightningコネクタ(中央)

Lightning - 30ピンアダプタ

従来のDockコネクタとLightningコネクタの変換アダプタは2種類。ひとつはケーブルなしでダイレクトに変換するもの、もうひとつは長さ0.2mのケーブル状になっているタイプだ。価格は、変換アダプタタイプは2,800円、ケーブルタイプが3,800円。いずれも出荷開始は10月の予定。


Lightning - 30ピンアダプタ (0.2m)

Lightning-USBケーブルは、Lightningコネクタ採用製品に同梱されているのと同じもので、価格は1,880円。1~3営業日での出荷予定となっている。

Lightning-USBケーブル

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事