パナソニック、家庭内の使用エネルギーを可視化する「スマートHEMS」を展開

パナソニック株式会社エコソリューションズ社は、家庭の電気設備や家電がつながる中核機器「AiSEG(アイセグ)」を10月21日に発売し、同社のホームエネルギーマネジメントシステム「スマートHEMS」を本格展開すると発表した。

スマートHEMSはAiSEGを中核としたエネルギーマネジメントシステムで、家庭の使用エネルギーの可視化に加え、各種機器の自動制御が可能になる。可視化されるのは電気、ガス、水道の使用量。電気については、現在の電力収支、CO2収支、料金(目安)換に加えて、太陽光発電システムや燃料電池の発電状況なども確認できる。

スマートHEMSはECHONET Liteを搭載しており、エネルギーの可視化に加えて、各種機器をコントロールも可能。AiSEGと分電盤につなげる計測ユニットのセットは、HEMS導入促進事業の補助金選定機器となっている。

AiSEG

各種機器のコントロールでは、AiSEGがエアコン、IHクッキングヒーター、エコキュートなどの対応機器を自動制御することで、効率的な節電が可能になるという。外出先からスマートフォンを使ってエアコンのスイッチをオフにすることもできる。

AiSEGはインターネットを通じてサービスの更新が行えるため、将来の社会状況や機器の拡充にも対応可能とされている。希望小売価格は11万2350円(工事費別)で、2013年度の販売目標は1万セット。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事