「さよならソルシエ」の穂積、デビュー作含む初単行本発売

 

単行本「式の前日」

穂積にとって初の単行本となる短編集、「式の前日」が本日9月10日に小学館から発売された。

表題作「式の前日」は、月刊flowersのコミックオーディションで銀の花賞を受賞。凛花(ともに小学館)に掲載され、デビューを飾った読み切りだ。そのほか「あずさ2号で再会」「モノクロ兄弟」「夢見るかかし」「10月の箱庭」「それから」の5編が収められた。

なお穂積は月刊flowersにて最新作「さよならソルシエ」を連載中。19世紀末に実在した、とある画商の人生を追う伝記ロマンを描いている。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

岡田結実、母との初共演に「何を言われるのかドキドキした」
[10:00 10/1] エンタメ
霊山に巨石がゴロゴロ!神の島誕生の秘密が明らかに『ブラタモリ』
[10:00 10/1] エンタメ
『宇多田ヒカル~ライナーノーツ~』60分拡大版を放送
[10:00 10/1] エンタメ
ジョニー・デップ、『オリエント急行殺人事件』リメイク版に出演決定
[10:00 10/1] エンタメ
劇場版『マジェスティックプリンス』、本編上映後にオリジナルボイスドラマ
[10:00 10/1] ホビー