Webの"世界ランキング" 日本は20位

 

World Wide Web Foundationは9月5日(英国時間)、Webに関する初のグローバルなインデックス「The Web Index」を発表した。トップはスウェーデンで、日本は61カ国中20位。同団体の創始者でWWW(World Wide Web)の発案者であるTim Berners-Lee氏は、一部でみられる言論の自由を規制する動きに警笛を鳴らしている。

Web IndexはWebの成長、利用、人や国に与える影響など多面的に測定した年次ランキング。「Web Readiness」(通信インフラの品質や整備、Webアクセスに関する制作やスキル・教育レベル)、「Web Use」(インターネット利用人口とWebから入手できるコンテンツ)、「Impact of the Web」(Webが与えるインパクト)の大きく3分野をカバーし、Webへのアクセスとインフラ整備だけでなく、政治的、経済的、社会的なインパクトも考慮した。

World Wide Web Foundation

初回となる今回の調査対象は61カ国。トップはスウェーデンで総合スコアは100点、2位以下のトップ5は米国(総合スコア97.31)、英国(同93.83)、カナダ(同93.42)、フィンランド(同91.88)となっている。上位10カ国のうち、欧州が6カ国を占めた。アジアからはニュージーランドが7位(総合スコアは89.15)、オーストラリアが8位(同88.44)となっている。

日本は20位で総合スコアは68.56。アジアでは、トップ10に入ったニュージーランドとオーストラリアのほか、シンガポール(世界ランキング11位)、韓国(同13位)に次いで5位。日本の次は中国で、中国の世界ランキングは29位。

日本のスコアを分野別に見ると、Webコンテンツは10位、社会インパクトは12位、通信インフラは14位、経済的インパクトは16位だったが、政治的インパクトの30位が足を引っ張ったようだ。その他、Web利用は21位、組織におけるインフラ整備も21位となっている。

今回の調査では、Webに日常的にアクセスできる人は約3分の1にとどまり、アフリカでは6分の1以下となるなど、世界的にはWebがまだまだ一般的なリソースとして利用されていない現状も浮き彫りになった。また、Webが普及するための障害として、ブロードバンドサービスの価格と検閲の2つを挙げている。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電

求人情報