映画『アベンジャーズ』が史上3位! 全世界興行収入が15億ドルを突破

 

写真はアイアンマン/トニー・スタークを演じるロバート・ダウニー・Jr. (C)BANG Media International

映画『アベンジャーズ』の世界興行収入が15億ドル(約1,174億6,100万円)を突破して史上3位の記録を打ち立てている。

全世界での歴代興行収入の1位と2位はジェームズ・キャメロン監督の『アバター』(2009年作)と『タイタニック』(1997年作)であるものの、『アベンジャーズ』は4月11日の公開から19週目にして歴代3位を記録した。

本作は、先週末より全米1705館で再ロードショーを開始し、170万ドル(約1億3,300万円)の北米興行収入を稼ぎ出して、全米興行収入だけですでに合計6億1,950万ドル(約485億3100万ドル)に達している。

この成功にも関わらずメガホンを取ったジョス・ウェドン監督は、本作は「完全な映画ではない」と考えているという。またジョスは先日、米ABC局でマーベル・コミックのTV番組『シールド』の製作に関わることを公表しており、『アベンジャーズ2』は3年後の2015年に公開が予定されている。

(C)BANG Media International

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ロバート秋山が扮する「クリエイターズ・ファイル展」開催中
[20:56 9/27] シゴト
「ぼくは麻理のなか」完結巻で色紙当たる、押見修造のサイン会も
[20:47 9/27] ホビー
JR北海道、石北本線上川~白滝間10/1復旧 - 特急「オホーツク」も運転再開
[20:44 9/27] ホビー
子どものストレス、世帯所得によって原因に違い
[20:32 9/27] マネー
[映画興行成績]「君の名は。」がV5 累計興収は111億円を突破
[20:30 9/27] エンタメ

本音ランキング