同棲カップルに聞く「同棲を始める前に知っておきたかったこと」

 

慌ただしい準備期間を経て、いざ同棲生活がスタート! 恋人とのラブラブな毎日に浮かれていたのもつかの間、意外な落とし穴が潜んでいる場合も多いよう。「マイナビ賃貸」では、同棲経験者のマイナビニュース会員300人に「できれば事前に知っておきたかった……」と思うことを聞きました。

■家を借りる前に知っておきたかったこと

「彼の荷物の量が多すぎたこと」(女性・東京都・25歳)
「ここに決めようと思っていた物件が結婚していないと不可だったこと。知らなかったのですが、結構あるようです」(男性・東京都・34歳)
「2人分の引っ越しにかかる費用」(女性・東京都・25歳)

お部屋を契約した後や、気持ちが固まった後に「しまった!」となってしまわないためにも、お部屋探しの段階から知っておきたいこともあるよう。特に引っ越しにかかる総額は想像以上になるケースも多いので、あらかじめしっかり試算しておいた方がよさそうです。

■両親へのあいさつのタイミング

「両親への報告の仕方」(女性・神奈川県・30歳)
「相手の両親へあいさつに行くタイミング」(女性・東京都・30歳)
「相手の両親への配慮」(男性・東京都・31歳)

同棲生活するカップルは多かれ少なかれ、結婚を前提にお付き合いしている方が多いはず。でも実際には「プロポーズはしていない」とか「あくまでお試し期間」など、曖昧なまま暮らすことになるのも事実です。両親へ報告すべきか迷ってしまう人もいるかと思いますが、後で知られて悪い印象を持たれるよりは、早めにあいさつしておいた方が得策かもしれません。

■住まいの手続き

「住民票や免許の住所変更の手続き」(男性・東京都・29歳)
「水道やガスなどの手続き」(男性・神奈川県・34歳)
「前に住んでいた地域から転出届を出さなければいけないこと」(女性・東京都・26歳)

同棲がスタートするまで、お互い実家住まいだったカップルは、各種申請などで戸惑うことも多いようです。煩雑な手続きにイライラが募ってけんかに発展……なんてことにならないよう、あらかじめ調べておいた方がいいかもしれません。

■恋人の知られざる一面に衝撃!

「相手の細かい性格」(女性・神奈川県・30歳)
「お互いの好き嫌いや癖。趣味」(男性・東京都・28歳)
「相手の生活リズム」(男性・神奈川県・25歳)

ある程度長く付き合って、お互いのことを理解していると思っても、一緒に暮らしてみるといろいろな一面が見えてくるもの。もちろん、いい面もありますが、気になるのはマイナスな部分を見てしまったとき。せっかく一緒に暮らしていくふたりなのですから、ルールを決めたりお互いに注意し合ったりするなど寛容な気持ちを持ちましょう。

初めてのふたり暮らし。できることなら万全の状態でいいスタートを切りたいですよね。事前に知っておきたかった……と後悔しないためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

(板橋不死子+プレスラボ)

【アンケート対象】
現在同棲をしている、もしくは過去に同棲をしたことがある男女(マイナビニュース会員)
調査時期:2012年6月20日~2012年7月8日
有効回答:300件
調査手法:インターネットログイン式アンケート

【関連リンク】

シビアすぎるくらいがいい? うまくいく同棲の秘訣

座ってする派vs立ってする派 女子が知らない男子のトイレ事情

同棲カップルに聞いた「オススメ節約術」

同棲生活をうまくやる役割分担とは?

人気記事

一覧

2016年8月30日の運勢

イチオシ記事

新着記事

ソニー、より薄く狭くなった4K HDR対応の43V型/49V型「BRAVIA X8300D」
[13:57 8/30] スマホとデジタル家電
男性が育休取得しない理由、「仕事を代わってくれる同僚がいない」が1位
[13:55 8/30] シゴト
AED、中小企業の5割が「未設置」 - その理由は?
[13:54 8/30] シゴト
坂上忍、高畑容疑者報道「今年一しんどい」と吐露 - 出演者と3度口論に
[13:52 8/30] エンタメ
最近パクチー足りてる? パクチーづくしのタイ風居酒屋に行ってきた
[13:52 8/30] 趣味