AKB48の写真を無断使用したライター販売で男性を逮捕

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は8月29日、北海道警生活経済課サイバー犯罪対策室と札幌方面北署が、出版物掲載のタレント写真が印刷(謄写)されたライターをオークションサイトで販売していた愛媛県の男性(26歳)を著作権法違反(海賊版の頒布)の疑いで逮捕し28日に札幌地検に送致したことを発表した。

この男性は、集英社発行の「AKB48総選挙!水着サプライズ発表2011」に掲載されたアイドルグループ「AKB48」のメンバーの写真を無断で使用し、主に携帯電話からアクセスするオークションサイトで出品。埼玉県の男性他1名の落札者に対して、2011年8月30日頃~12月22日頃までの間に2回、合計7500円で販売・送付していたという。

逮捕同日に行われた男性宅の家宅捜索では、ライターやマウスパッドなど約600点が押収されたとのこと。男性は、著作権侵害に加えて、商標権侵害の容疑も持たれている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事