ソフトバンク孫社長の「やりましょう」宣言が150案件を突破 - 達成率は97%

 

ソフトバンクグループ代表の孫正義氏がTwitterの@masasonアカウントでつぶやく「やりましょう」宣言が150件を突破した。8月29日現在でこれまで151案件に取り組み、すでに146案件に対応、約97%の達成率となっている。

「やりましょう」進捗状況

「やりましょう」宣言は、Twitterユーザーから寄せられた陳情に対してTwitterアカウント@masasonが返答したもの。ソフトバンクグループでは、この「やりましょう」宣言の進捗状況をホームページ上で公表しており、事実上、ソフトバンクグループとして取り組むべき課題となっている。

その「やりましょう」宣言が8月段階で150件を突破した。初回案件として「ハイチ大地震救済への携帯電話からチャリティ募金」から始まり、「Ustreamスタジオ設立」「放射線測定機能付き携帯電話の開発」「東日本大震災に伴う破損・紛失したiPhoneの無償提供 」、果ては「ソフトバンクショップでコーヒー提供」といったものにいたるまで様々な案件が達成されてきた。

達成率は97%となっており、現段階ではほぼ100%に近い状況。未達案件のなかには、キャリアメールの機能拡張、iPhone用放射能測定デバイスといったスマートフォンに直接かかわる案件も含まれており、同社の提供サービスを先取りして伺い知ることもできる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

日本IBM、オールフラッシュ・ストレージ「IBM Storwize」の新製品発表
[15:12 8/25] 企業IT
ドコモショップが保険選びをサポート「ドコモでほけん相談」
[15:12 8/25] スマホとデジタル家電
たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア