ソフトバンクグループ、大阪府和泉大津市に太陽光発電所を建設へ

ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行うSBエナジーは29日、大阪府泉大津市における大規模太陽光(メガソーラー)発電所設置事業者の公募案件において、発電事業者に決定したと発表した。

SBエナジーは大阪府泉大津市夕凪町内の約25万㎡(約25ha)の府所有地にメガソーラー発電所を建設する。出力規模は約1万8,900kW(約18.9MW)。今後、発電所建設の設計・調達・建設を担うEPCを選定し、早期の運転開始を目指していく。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事