アプリのダウンロード数はスマホ購入から4ヵ月で激減 - ニールセン調べ

 

ニールセンは8月28日、スマートフォン・メディア利用実態調査レポート(2012年6月版)から、スマートフォンユーザーのアプリ利用状況に関するデータを発表した。同調査によると、スマートフォンの利用期間、利用者の性別や年代、スマートフォンに搭載されているOSの種類によって、アプリに対する利用傾向が異なることがわかったという。

「無料アプリを1ヵ月以内に5個以上ダウンロードした人」の割合は、利用開始直後の0~1ヵ月の割合が最も高く、その後4ヵ月までは時間の経過とともに急激に減少するという結果が出ている。また、いずれの利用期間においても、AndroidユーザーよりiPhoneユーザーの方が、1ヵ月に5個以上のアプリをダウンロードしている人が多い。

1ヵ月以内に無料アプリを5個以上ダウンロードした人の割合(発表資料より)

アプリをダウンロードする際の選択基準を尋ねた調査結果をみると、大半のユーザーは無料アプリを優先してダウンロードしていることがわかる。選択基準として「無料であること」を挙げた人の割合は、iPhoneユーザーは85.0%、Androidユーザーは90.1%で、Androidユーザーの方が若干多くなっている。

また、「信頼できるマーケット(アプリストア)で公開されていること」を選択基準にする人の割合もAndroidユーザーの方が10ポイント程度高く、「ユーザーの評価が自分の中の基準を満たしていること」、「ランキングで上位にランクされているアプリであること」、「ダウンロード件数が多いこと」の回答割合はiPhoneユーザーの方が高い。Androidユーザーはアプリストア信頼性が比較的重要な選択基準となっており、iPhoneユーザーはアプリストア内の情報を参考にするユーザーが多いことがうかがえる。

ダウンロードするアプリの選択基準(発表資料より)

このほか、利用者の性別や年代によってダウンロードするアプリの選択基準の傾向が異なるという調査結果も発表されている。たとえば、女性は友人の評価を重視してダウンロードするアプリを選ぶ傾向があり、男性はアプリストア内の評価やメディアでの評価を選択基準にする傾向があるという。また年代別に見ると、男女とも若い年代では友人の評価やアプリストア内の評価を気にし、年齢が高くなるとアプリストア自体の評価やメディアでの評価を重視するという結果になっている。

ダウンロードアプリの選択基準と性年代との関係(発表資料より)

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

羽鳥アナ、苦手な芸能人を実名告白「本気で困っている」
[07:00 8/31] エンタメ
テクノロジーとポップカルチャーの融合を日本で - 「東京コミコン」12月に開催
[07:00 8/31] 企業IT
ASUS ZenFone 3デザイナーが語るその秘密 - 日本投入は9月予定
[07:00 8/31] スマホとデジタル家電
電力事業者の新設が多い都道府県は?
[07:00 8/31] マネー
夫婦のLINE 第222回 ダメな所を認めることが逆説的に自己肯定につながる
[07:00 8/31] ライフスタイル

求人情報