ソフトバンクら、スマホのカメラで個人認証を可能にするソフトを開発

ソフトバンクモバイルは、スマートフォンなどのカメラで、静脈と掌紋を同時に抽出して手のひら静脈から認証可能なハイブリッド型の個人認証ソフトウエアをユニバーサルロボットと共同開発したと発表した。これにより、専用装置を使用せずに、スマートフォンなどのカメラを利用して、手のひらの静脈による個人認証が実現する。

両社は、近年のなりすましなどによる被害防止のため、安全なインターネット利用環境の構築を目的に、手のひら静脈ハイブリッド認証ソフトウェアの開発を進めてきた。

新たに開発した個人認証は、従来のように、静脈を検出するための赤外線を用いた専用装置が不要となる。開発した個人認証ソフトでは、可視光を利用した独自の静脈検出アルゴリズムを搭載することで、スマートフォン等に搭載されているカメラで手のひら静脈の認証を可能とする。

さらに、今回の認証技術は、可視光を利用して取得した手のひらの画像から、静脈と掌紋の形状を同時に抽出するハイブリッド認証を取り入れたものとなっている。体内情報である静脈の形状はなりすましや偽造が難しい一方で、掌紋の形状は情報を取得することが容易なため、これらを組み合わせることにより、より高精度で安定した認証を可能にする。

今回の認証技術を用いたソフトウェアをアプリケーションとしてスマートフォン等に搭載することで、カメラがあれば、インターネットサービスの各種認証やネットバンキングの決済認証など安全な認証が実現するという。両社は開発したソフトについて、2012年度中の製品化を目指す。



関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事