「Samsungは5件の特許を侵害」「Appleは侵害なし」- 米地裁陪審評決

 

カリフォルニア州北部連邦地方裁判所

米カリフォルニア州北部連邦地方裁判所で8月24日(現地時間)、米Appleと韓国Samsung Electronicsがスマートフォンのデザインや技術特許を巡って争っている訴訟において、Appleの主張の大部分を認める陪審評決が下された。9人の陪審員団は、Samsungによる特許侵害でアップルが10億5000万ドル (約830億円)の損害を被ったと認定。一方、Appleによる特許侵害を主張していたSamsungの訴えは退け、Samsungの損害は無いとした。

この裁判は、まずAppleが2011年4月にiPhoneやiPadのデザインやインターフェイスに関する特許をSamsungに侵害されたと提訴、Samsungはすぐに同社の通信技術に関する特許をAppleが侵害していると反撃した。現在AppleとSamsungの訴訟合戦は世界中に広がっているが、米国はスマートフォンやタブレットの最も重要な市場であり、またこの訴訟がApple対Androidの代理戦争という側面もあることから、米連邦地裁での審理は特に大きな注目を集めていた。

審理の対象になったAppleの特許は7件。操作用インターフェイスに関するユーティリティ特許が3件、デザイン特許が4件だ。Samsungが侵害を主張する特許は通信やメディア処理に関する5件で、全てユーティリティ特許である。

ユーティリティ特許は日本の特許権に相当し、デザイン特許は意匠権に当たる。米国の特許訴訟において、今回のAppleのようなデザイン特許の権利主張は珍しい。デザインの独自性や新規性が覆されやすいためで、訴訟においてSamsungはスリムなタブレットが描かれていた映画「2001年宇宙の旅」を証拠として提出するなど、あの手この手でAppleのデザイン特許を無効にしようとした。一方ユーティリティ特許は発明として認められやすいが、Samsungが主張するような特許は基本技術と見なされて有効性が認められない可能性がある。そのため"デザイン"の価値を訴えるAppleと、"技術"特許を武器に防衛するSamsungという対立軸でも行方が注目されていた裁判だった。

陪審員団はAppleの7件の特許すべての有効性を認めた。ただし「Samsungの意図的な侵害」を認めたのは5件で、iPadの装飾デザインやスマートフォンの装飾デザインの一部については「侵害なし」とした。SamsungがAppleによる侵害を主張した5件の特許については、いずれも「侵害なし」という結論だった。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『THE FLASH/フラッシュ』強敵ゴリラ「グロッド」、フィギュアで登場
[20:30 9/28] ホビー
『まどマギ』一番くじに、ティーパーティーで魔法少女たちの部屋着姿が
[20:00 9/28] ホビー
作曲家・菅野祐悟に聞く『亜人』音楽の作り方 - 痛みや恐怖感を表現するためにドリルや包丁でギターを弾きました
[20:00 9/28] ホビー
あれは危険すぎる…『ガンダムZZ』30周年を記念しRAHDXハマーン様が限定復刻
[19:58 9/28] ホビー
PASMOのロボット、知名度の低さを嘆く - 自ら街角で名刺を配る営業活動開始
[19:57 9/28] ホビー