「全日本国民的美少女コンテスト」、グランプリは10年ぶりに2人が受賞

 

第13回「全日本国民的美少女コンテスト」の本選大会が21日、都内で行われ、福岡県出身の高校1年生、吉本実憂さん(15)と、新潟県出身の中学1年生、小澤奈々花さん(13)がグランプリを受賞した。

第13回「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞した小澤奈々花さん(左)と吉本実憂さん 拡大画像を見る

「全日本国民的美少女コンテスト」は、芸能事務所のオスカープロモーションが1987年から不定期で行っている新人発掘オーディションで、過去に米倉涼子、上戸彩、武井咲、剛力彩芽、忽那汐里ら多くの女優を輩出している。13回目の今年は、応募総数10万2,564通の中から予選大会を通過した21人が本大会に出場し、自己PRや音楽歌唱力、演技力でグランプリを競った。

見事グランプリを勝ち取ったのは、いきものががりの「気まぐれロマンティック」を踊りながらパフォーマンスした小澤さんと倖田來未の「WIND」を熱唱した吉本さんで、2人のグランプリ受賞は10年ぶり。授賞式では、米倉や上戸、歴代グランプリ審査員の藤谷美紀、佐藤藍子からタスキや賞金が手渡されると、小澤さんと吉本さんは、喜びで感涙。小澤さんは「グランプリを取れると思ってなかったので、応援してくれた人たちにありがとうと言いたいです」と胸中を語り、吉本さんは「まだ実感が無くて……。応援してくれた人を思い出しました」と涙で声を詰まらせながら受賞を喜んだ。

大会終了後、報道陣の取材に応じた小澤さんは「歌が少し苦手なので不安だったけど、楽しかった。自分にしかできない笑顔を見てもらえたかなと思います」と振り返り、受賞について「本当にうれしい。ヨンアさんや石川亜沙美さんみたいなモデルになりたいです。努力と笑顔を絶やさず頑張ります」とにっこり。吉本さんも「上戸さんや武井さんのような女優になりたいと思ったので、その第一歩として応募しました。まだ実感がないけど、自分の夢のためなので、一生懸命頑張っていきたい」と意気込み、「お母さんもお姉ちゃんもボロ泣きしてました。賞金で携帯を買い換えたいです」と笑顔で語っていた。

審査員特別賞:井頭愛海さん(12)

審査員特別賞:尾碕真花さん(12)

演技部門賞:白鳥羽純さん(13)

演技部門賞:山木コハルさん(13)

音楽部門賞:末永真唯さん(14)

モデル部門賞:若山あやのさん(14)

グラビア賞:籠谷さくらさん(12)

マルチメディア賞:上水口萌乃香さん(13)

なお、審査員特別賞は井頭愛海さん(12)と尾碕真花さん(12)、演技部門賞は白鳥羽純さん(13)と山木コハルさん(13)、音楽部門賞は末永真唯さん(14)、モデル部門賞は若山あやのさん(14)、グラビア賞は籠谷さくらさん(12)、マルチメディア賞は上水口萌乃香さん(13)がそれぞれ受賞した。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[木村拓哉]ラジオでファンの厳しい声紹介 「なぜすぐに帰国しなかった」
[00:08 8/27] エンタメ
Windows 10ミニTips 第112回 Microsoft Edgeの拡張機能を使う - Save to Pocket編
[00:00 8/27] パソコン
TVアニメ『アイドルメモリーズ』、「Shadow」のユニットPVを公開
[23:55 8/26] ホビー
音井れこ丸が描く睡眠不足な先生とJKのラブコメ2巻、元教え子も参戦
[23:31 8/26] ホビー
[今週シネマ]26日公開の映画「君の名は。」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」…
[23:21 8/26] エンタメ

本音ランキング