東芝、業界最大クラスの1.6TBを実現したエンタープライズ向け2.5型SSD

東芝は、2.5型のエンタープライズ向けソリッドステートドライブ(eSSD)として、業界最大クラス(東芝調べ)となる1.6TBの「PX02SMB160」など、3シリーズ11モデルを製品化し、2012年10月から順次サンプル出荷を開始すると発表した。

新たに出荷を開始するのは、高性能サーバ向けの高速タイプ「PX02SM」シリーズ、エントリーサーバ・ミドルレンジサーバ向けのスタンダードタイプ「PX02AM」シリーズ、およびエントリーサーバ向けの読み出し、立ち上げ専用タイプ「PX03AN」シリーズの3シリーズ。

「PX02SM」シリーズは、1.6TB、800GB、400GB、200GB、「PX02AM」シリーズは400GB、200GB、100GB、「PX03AN」シリーズは480GB、240GB、120GB、55GBの容量がある。

「PX02SMB160」

新製品「PX02SM」シリーズは、同社として初めてeMLC(エンタープライズマルチレベルセル)のNAND型フラッシュメモリを採用したほか、新規開発のコントローラと12Gb/sのSASインタフェース搭載などにより、同社従来製品と比較して約1.8倍の連続読み出し速度(シーケンシャルリード)を達成した。

また、ランダムリードでは、120kIOPSを実現するなど、高性能サーバ および 階層化された高性能ストレージシステムに適用することで、更なる性能改善が可能になる。

「PX02AM」シリーズでは、エントリーサーバやミドルレンジサーバーに最適な100GB、200GB、400GBの記憶容量をラインナップしたほか、「PX03AN」シリーズでは、一般PCなど向けのcMLC(クライアントマルチレベルセル) を採用し、エントリーサーバにおける読み出し専用やシステム立ち上げ用途に特化したシリーズで、いずれもインタフェースはSATA 6Gb/s。

外形寸法は、「PX02SMB160」がW69.85×D100×H15mm、それ以外はW69.85×D100×H7mm。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事