PlayStation Mobile本格展開、PlayStation Storeで今秋よりコンテンツ配信

 

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は15日、Android端末などでPlayStationのコンテンツを楽しむためのプラットフォーム「PlayStation Mobile」向けの専用コンテンツをPlayStation Storeで配信すると発表した。日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストラリアの9か国で今秋から提供を開始し、順次対象国を拡大するとしている。

PlayStation Mobileのロゴ

PlayStation Mobileは、ソニーのゲーム機であるPlayStationのコンテンツを、PS以外でも楽しめるようにするプラットフォームで、現在、Android向けが提供されている。

今回、PS3やPS Vitaなどのゲームやビデオがダウンロードできるオンラインストア「PlayStation Store」において、PlayStation Mobile向けコンテンツが配信されることが明らかになった。PlayStation Storeで配信される専用コンテンツは、PlayStation Mobile向けのライセンスプログラム「PlayStation Certified」デバイス、「PlayStation Vita」でプレイすることができる。専用コンテンツは、提供開始時時点でアクション・アドベンチャー、パズル、スポーツなど約30タイトル。PlayStation Storeでの専用コンテンツ配信にともない、これまでPlayStation Certifiedデバイス上で展開していた初代「プレイステーション」コンテンツの提供は終了となる。

このほか、PlayStation Mobile SDK正式版の提供を含む開発サポートプログラム「PlayStation Mobile Developer Program」を、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストラリア、香港、台湾の11か国・地域で順次提供することも明らかにされた。同プログラムが提供されることで、開発者はPlayStation Mobile SDKで開発したコンテンツをPlayStation Storeで配信することができる。なお、配信にはSCEとのライセンス契約(99USドル/年)が必要となる。

このほか、新たにアメリカのソフトウェアメーカーなど29社の参入がPlayStation Mobile向けコンテンツの開発に参入すると発表した。詳細は同社Webサイト(PDFファイル)で確認可能。さらに、PlayStation Certifiedライセンスプログラムに、ASUSTeK ComputerとWikiPadが加わることも明らかになった。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

IaaSの基本を知ろう! パブリックとプライベートの違いって?
[09:30 8/31] 企業IT
SaaS、PaaS、IaaS、クラウドサービス3種の特徴とは
[09:30 8/31] 企業IT
急速に普及するクラウドサービスIaaSによるシステム構築の特徴とメリット
[09:30 8/31] 企業IT
設備投資からみるIaaSのメリット
[09:30 8/31] 企業IT
IaaSの基本とそのメリットとは?
[09:30 8/31] 企業IT