「koboイーブックストア」で早川書房のSF・ミステリ作品を配信

 

Koboは同社が運営する「koboイーブックストア」において、早川書房のSF・ミステリ10作品の配信を開始した。今後も同社のSF、ミステリ、文芸などの作品の取り扱いを増やしていく。

「koboイーブックストア」は、すでに早川書房が提供する作品を約200タイトル配信。今回、SF・ミステリのジャンルに特化した名作10作品を新たにラインナップに加えた。

新コンテンツは、「ハヤカワSF・ミステリebookセレクション」のプロジェクトの第一弾として、カルト的人気を誇る鬼才フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」や、"SFの詩人"レイ・ブラッドベリの「華氏451度」と「火星年代記〔新版〕」など。

また、早川書房は、アーサー・C・クラーク、ロバート・A・ハインライン、カート・ヴォネガット、エラリイ・クイーン、グレアム・グリーン、ロアルド・ダールなどのSF、ミステリ、文芸などの名作・傑作を8月下旬以降順次配信し、2013年7月までに300タイトルの 配信を目指していくという。

人気記事

一覧

新着記事

Dialog、TSMC 650V GaN on Siプロセスを採用したパワー半導体を発表
[16:56 8/25] テクノロジー
iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ
親の経済力は子が食べる食品に"格差"を生む - 厚労省の乳幼児栄養調査
[16:34 8/25] ヘルスケア
ソフトバンク、「東京お台場FreeWiFi」に電話認証を導入
[16:26 8/25] スマホとデジタル家電