ドコモ、関東甲信越など一部ユーザーの通信障害が回復

NTTドコモは8月2日の午前に発生したFOMAやXiのパケット通信の通信障害が回復したと発表した。この通信障害は、関東甲信越・東海・関西地方で同社サービスを契約した一部のユーザーのFOMA/Xiが利用しづらくなるというもの。

今回の通信障害は、8月2日の午後6時00分頃から発生し、同日午後7時42分まで続いた。影響を受けたと想定されるユーザーは関東甲信越・東海・関西地方で契約した一部ユーザー(ドコモで契約後、他事業者へポートアウトしたユーザーも含む)で、これらユーザーのドコモの携帯電話(FOMA/Xi)および衛星携帯電話が利用しづらい状況が発生していた。原因については調査中としている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事