日本通信、データ通信もオプション追加できる音声通話SIM「スマホ電話SIM」

日本通信は1日、音声通話が可能なスマートフォン用SIMカード「スマホ電話SIM」の販売を開始したと発表した。通話量に応じて3つのプランがあり、月額1,957円から利用できる。オプションとしてデータ通信サービスを加えることも可能。SIMカードは標準SIM、マイクロSIMの2種類が用意されている。

「スマホ電話SIM」は、電話番号を取得してスマートフォンで発着信をしたり、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)にて他の通信事業者から転入出も可能な音声通話サービス。オプションプランを選択することで、データ通信も行える。

同サービス利用にあたっては、初期手数料3,150円ほか、料金プランS、M、Lから選択し、月額基本料がかかる。月額基本料には無料通話分が含まれる。無料通話の対象は、国内通話、国際電話通話、国際ローミングによる通話およびSMS(国際も含む)。国内へのSMS送信は1通あたり3.15円かかる(送信は無料)。無料通話分を超えて利用した場合には、契約プランにそった単位時間あたりの通話料が別途必要。無料通話分を翌月に繰り越すことはできない。キャッチホン、留守番電話など音声オプションサービス(一部有料)も提供されている。月額基本料等は下表のとおり。

プランS プランM プランL
月額基本料1,290円
通話料21円/30秒
無料通話分1,365円
月額基本料2,290円
通話料18.9円/30秒
無料通話分2,835円
月額基本料3,710円
通話料14.7円/30秒
無料通話分5,250円

「スマホ電話SIM」には、データ通信をオプションとして加えることも可能。データ通信オプションはU200、2GB定額の2プランがあり、音声プランS、M、Lと自由に組み合わせることができる。

U200 2GB定額
1,690円 2,990円

U200の通信速度は上り下りともに200kbps(ベストエフォート)で使い放題。ただし、動画再生や連続したデータ通信の利用は不可となっている。

2GB定額の通信速度は下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps(ベストエフォート)、料金月ごとに2GBまで利用可能。利用可能データ量を使い切った場合は、上り下りともに100kbps(ベストエフォート)に制限される。利用可能データ量は翌月に引き継ぐことはできない。

音声プランとデータ通信オプションプランの組み合わせ例については以下のとおり。

プラン名 プランS プランM プランL
音声のみ月額基本料 1,290円 2,290円 3,710円
U200 2980円(1,290+1,690) 3,980円(2,290+1,690) 5,400円(3,710+1,690)
2GB定額 4,280円(2,290+2,990) 5,280円(2,290+2,990) 6,700円(3,710+2,990)

なお、MMSなど一部のサービスについては対応していないものもある。

人気記事

一覧

新着記事