アップル、iPhoto/iWorkなどをアップデート - Mountain Lionへの対応が中心

 

アップルは25日付けで、iPhoto/iMovie/Aperture/iWorkの各アプリをアップデートした。いずれも同日発売されたOS X Mountain Lionへの対応およびそれに付随した機能追加が中心のアップデート内容となっている。

iPhoto 9.3.2

iPhoto 9.3.2」は、Webサイトからダウンロードする場合のファイルサイズが637MB。システム条件はOS X Lion 10.7.4以降、OS X Mountain Lion 10.8となっている。修正内容は以下のとおり。

  • OS X Mountain Lionとの互換性をサポート
  • 共有オプションに「メッセージ」「Twitter」を追加
  • パフォーマンスおよび安定性の向上

iMovie 9.0.7

iMovie 9.0.7」は、Webサイトからダウンロードする場合のファイルサイズが1.01GB。システム条件はOS X Lion 10.7.4以降となっている。修正内容は以下のとおりで、Mountain Lionとは無関係のようだ。

  • 他社製QuickTimeコンポーネントが原因でiMovieが突然終了する問題の修正
  • 「カメラの読み込み」ウィンドウでMPEG-2ビデオクリップをプレビューする際の安定性の問題を解決
  • カメラからMPEG-2ビデオクリップを読み込む際にオーディオが取り込まれない問題を修正

Aperture 3.3.2

Aperture 3.3.2」は、Webサイトからダウンロードする場合のファイルサイズが529.17MB。システム条件はOS X Lion 10.7.4以降、OS X Mountain Lion 10.8となっている。修正内容は以下のとおり。

  • OS X Mountain Lionとの互換性をサポート
  • フルスクリーン表示に入る/フルスクリーン表示をぬける際のパフォーマンスに影響する問題の解決
  • Facesが無効になっている状態でもスキントーンモードのオートホワイトバランス調整が可能に
  • ライブラリインスペクターでプロジェクト/アルバムの日付に基づく並べ替えが可能に
  • パフォーマンスおよび安定性の向上

iWork 9.2

iWork 9.2」は、Webサイトからダウンロードする場合のファイルサイズが302.02MB。システム条件はOS X Lion 10.7.4以降、OS X Mountain Lion 10.8。以下のようなMountain Lionの機能のサポートが追加された。

  • iCloud:iCloudに書類を保存し、Mac/iOSデバイス/Webで同期して最新の状態に保つことが可能。iOS側にはiWork for iOS 1.6.1以降が必要
  • 音声入力:単語・数字・分を読み上げることにより、プレゼンテーションや書類、スプレッドシートに入力される

加えて、最新MacハードウェアのRetinaディスプレイにも対応するよう拡張される。

人気記事

一覧

新着記事

『ガンダムBF』特番よりティターンズ色メイド「すーぱーふみな」が立体化
[17:00 8/26] ホビー
田辺誠一&大塚寧々、バラエティ初の夫婦コラボ! イラスト&ナレーション担当
[17:00 8/26] エンタメ
『LEGOムービー』続編、新主人公はバットマン! 17年4月公開決定
[17:00 8/26] エンタメ
働く女性の健康をサポート! 「まるのうち保健室カフェ」が期間限定OPEN
[16:52 8/26] ヘルスケア
iOSの標準アプリ『リマインダー』で情報を共有して買い忘れを予防する
[16:46 8/26] スマホとデジタル家電