NEC、大雨により被害を受けた製品に対する特別保守サービスを実施

NEC・NECアクセステクニカ・NECパーソナルコンピュータは13日、11日から続く大雨によって被害を受けた同社パーソナル製品について、保障期間を問わず、修理料金を3割引にする特別保守サービスを実施する。適用期間は12月31日まで。

特別保守サービスが適用されるのは、厚生労働省が発表する「災害救助法適用地区の個人ユーザー」。7月12日時点では、大分県の竹田市、熊本県の阿蘇市、熊本市、南阿蘇村が災害救助法の適用市町村となっている。適用地域の詳細については厚生労働省のWebサイトを確認いただきたい。

対象となる製品は下記のとおり。

  • パソコン(デスクトップ、ノート)
  • パソコン本体添付ディスプレイ
  • ホームサーバ・クライアントソリューション(Lui)
  • Android搭載タブレット、スマートブック(LifeTouch L 、LifeTouch NOTE)* プリンタ
  • パソコン周辺機器
  • パーソナルファクシミリ(speax)
  • ブロードバンドルータ(Aterm)

NECでは天災による故障は保証書の有無を問わず有料での修理としているが、修理可能な状態の商品については、今回の特別保守サービスによって特別価格での修理となる。見積もりを含む、診断料は無料。特別保守サービスの適用期間は2012年12月31日まで。

各製品や特別保守サービスに関する詳細な問い合わせ先は下記のとおり

  • パソコン、Lui、スマートブック、周辺機器、ブロードバンドルータ(Aterm)

NEC 121コンタクトセンター
電話: 0120-977-121(フリーコール)
※携帯電話やPHSなどフリーコールを利用できない場合は03-6670-6000
受付時間: 9:00~21:00(年中無休)

  • パーソナルファクシミリ(speax)

speax(スピークス)インフォメーションセンター
電話: 0120-200940(フリーコール)
※携帯電話やPHSなどフリーコールを利用できない場合は0537-22-8821
受付時間: 9:00~18:00(土日祝、年末年始を除く)

NEC Direct(NECダイレクト)


icon icon icon
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事