ヤフー、iPhoneアプリ「防災速報」にTwitterを利用した情報収集機能を追加

ヤフーは7月5日、同社の提供するiPhoneアプリ「防災速報」に、Twitterの災害関連ツイートをフィルタリングしてタイムラインに表示する「災害タイムライン機能」を追加した。あわせて画面デザインもリニューアルされ、操作性が向上した。AppStoreから無料でダウンロードできる。

「防災速報」は、災害に関する速報や注意情報を配信するアプリ。情報通知先としてPC / 携帯電話のメールアドレスやYahoo!メッセンジャーなどを最大3件まで登録できる。現在、地震情報 / 豪雨予報 / 津波予報 / 電力使用状況 / 計画停電の情報通知に対応している。

「防災速報」の画面イメージ

災害タイムライン

今回、災害タイムライン機能が追加されたことで、Twitterを利用した情報収集が可能になり、災害の状況をリアルタイムにチェックできるようになった。災害タイムラインは、最大3つの地域ごとのタイムラインと、全国のタイムラインをそれぞれ表示させることが可能となっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事