配慮のつもりが…「新社会人のプレッシャーに関する意識調査」

 

ライオンが運営する「ストッパ」新社会人応援プロジェクトは、新社会人にとって何がプレッシャーで、どのように解消したかについて、社会人2年目の男女500名に調査を実施し、結果を4月11日に公開した。また新社会人応援の一環として、現在地から最短距離の使用可能なトイレの位置を検索できるアプリ「@トイレ」の拡充の概要も併せて発表されている。

上司の配慮も新入社員にはプレッシャー?

新入社員時代(入社1年未満)にプレッシャーを感じた上司からの言葉は、1位が「言っている意味わかる?」(35.2%)、2位「そんなこともわからないのか」、3位「期待しているよ」となった。上司が部下に対する配慮のつもりでかけた言葉が、新入社員には逆にプレッシャーと感じられることもあるようだ。

新入社員がプレッシャーを感じた上司の言葉

3人に2人が「ストレス性胃痛・腹痛」を感じる

新人時代に感じた、上司からのストレスやプレッシャーによる体調不良で最も多かったものは「下痢・胃痛・腹痛」(64.2%)。次いで「頭痛」「肩こりなどの体のコリ」が挙げられた。

上司からのプレッシャーによる症状

「トイレでひとりの時間を作る」ことでプレッシャーを解消

プレッシャーの解消法として、4人に1人が「トイレでひとりの時間を作る」(26.6%)と回答。誰の目も気にすることのないひとりだけの空間を得ることで、プレッシャーから上手に心を解放する手だてになっている。なかには「ご飯を食べる」との回答も。

新入社員のプレッシャー解消方法

3人に1人が「Myトイレ」を決めている

社会人になって生活環境が変化し、通勤経路や客先などでお気に入りの「Myトイレ」があるか聞いたところ、3人に1人が「Myトイレ」を決めていることがわかった。中には10件以上決めて、それぞれのトイレを使い分けている人も。

通勤経路や客先の道中などでの行きつけ(お気に入り)のトイレ「Myトイレ」はありますか

「@トイレ」のトイレ地図が、約10万件に拡充

「ストッパ」新社会人応援プロジェクトでは、新社会人の活躍を応援する一環として、駅や外出先でトイレを探せるアプリ「@トイレ」のトイレ地図データを、4月1日より約3万件から約10万件に拡充した。スマートフォンでGPS機能を活用し、現在地から最短距離の使用可能なトイレの位置および、首都圏・近畿圏・中京圏・札幌市近郊・北九州市・福岡市近郊ではJR・私鉄各駅のトイレ位置を簡単に検索することが可能。「android OS」・「iPhone」に対応し、無料でダウンロードできる。

「@トイレ」画面例-イメージ

【関連リンク】

トイレの回数にダメ出し……上司が怒った理不尽な理由とは

新入社員必見?! 会社の変わったルール

【男性編】2011年の新入社員の特徴ランキング

関連キーワード

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事