Windows 8、来年1月31日までアップグレード価格わずか39.99ドル

 

米Microsoftは7月2日(現地時間)、年内リリース予定の「Windows 8」のアップグレード・プロモーションを発表した。世界131の国・地域において、Windows 7、Windows Vista、Windows XPからWindows 8 Proへのオンライン・アップグレードを39.99ドルで提供する。期間は最終製品の一般向け発売から2013年1月31日まで。MicrosoftのBrandon LeBlanc氏によると、アップグレード後、Windows 8 Proの機能追加オプションでWindows Media Centerを無料で追加できる。なお期間中には、アップグレード用のパッケージ版(DVD)も69.99ドルのプロモーション価格で販売する。

Windows.comを通じたWindows 8 Proへのアップグレードは、Windows 8 Upgrade Assistantに従うだけで購入・ダウンロード・インストールのすべてのプロセスが完了する。Upgrade AssistantはまずPC、周辺機器、アプリケーションの互換性をチェックし、必要な対策をまとめたレポートを作成する。購入プロセスが完了すると、Upgrade Assistantは内蔵のダウンロードマネージャーを通じてファイルをダウンロードする。続くインストールプロセスで、ユーザーは「Install now (すぐにインストール)」「Install by creating media (メディアを作成してインストール)」「Install later from your desktop (デスクトップから後でインストール)」を選択できる。メディアの選択肢はUSBフラッシュドライブとISOファイル。またバックアップ用DVD (15ドル+送料・手数料)のオプションも用意される。

Windows 7のコンシューマ向けエディションからのアップグレードは、Windowsの設定、個人ファイル、アプリケーションがすべてWindows 8 Proに移行する。Windows VistaからのアップグレードはWindowsの設定と個人ファイル、Windows XPからのアップグレードは個人ファイルのみになる。クリーンインストールも可能で、インストールメディアを使えば、アップグレードプロセス中にハードディスクドライブをフォーマットできる。

人気記事

一覧

新着記事

香取慎吾、宮城米食べすぎ「スーツのサイズが…」 - 料理長のお腹モミモミ
[04:00 9/28] エンタメ
声優・宮野真守、16thシングル「The Birth」のミュージックビデオを公開
[01:46 9/28] ホビー
蒼井翔太、10/19同時リリースのNEWシングル&武道館映像のビジュアル公開
[01:33 9/28] ホビー
『にゃんこデイズ』のTVアニメ化が決定! コミックキューン11月号発売
[01:14 9/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、Blu-ray&DVD第2巻のジャケ写公開
[00:59 9/28] ホビー