有料喫煙所「ippuku(一服)」JR御茶ノ水駅前ほか都内3カ所に同時オープン!

ゼネラルファンデックスは7月2日に、良質な環境で喫煙できる有料喫煙所「ippuku(いっぷく)」をJR御茶ノ水駅前と他2カ所とで都内に3店舗同時にオープンする。

「ippuku(いっぷく)」のコンセプトは、「15分程度のスキマ時間を快適かつ気軽に過ごせる喫煙施設」。利用する人だけでなく周りの人も含めた「快適さ」を追求した有料の喫煙施設で、完全無人化の店舗は換気・空調をはじめ、吸い殻の処理、入退出の管理、セキュリティーまで設備にとことんこだわって設計したという。

喫煙スペースを利用するには、無人店舗内に設置されたゲートにPASMOまたはSuicaをタッチするだけ。「道路に面した非喫煙エリア」と「喫煙可能なエリア」の2室で構成されたおり、タバコの臭いや煙は外部に流れないように設計されている。加えて利用者はアロマミストの漂う空間を通って出入りするため、衣服や身体に付いたタバコの臭いも緩和される。

都営地下鉄淡路町駅前の「ippuku(いっぷく)」

オープンする店舗は淡路町店(都営地下鉄淡路町駅)、御茶ノ水店(JR御茶ノ水駅)、神田今川橋店(JR神田駅)の3店。消煙・消臭システムやアロマディフューサー、吸い殻処理システムの設備に加え、無線LANや飲料自動販売機、BGM、映像モニターなども設置。年中無休で営業時間は6時から24時までになっている。

通常の利用料金はワンタイム利用50円、1Dayチケット(1日利用券)100円、1Weekチケット(1週間利用券)500円、1Monthチケット(1カ月利用券)1,800円。今回、3店舗同時オープンに合わせて無料体感キャンペーンを実施する。7月2日から7月15日までの14日間、誰でもPASMOやSuicaを利用せず無料で店内のセキュリティーゲートを通過できるように設定。1人でも多くの人に「ippuku」こだわりの換気設備や芳香、独自開発の吸い殻処理システムなどを体感してほしいとのこと。

【関連リンク】

タクシー全面禁煙に全体の9割弱、喫煙者の6割も「賛成派」

たばこについて多角的な視点から学ぶ。大阪市立大学で講座開講

タバコがいくらになれば"禁煙"する? 平均は「853円」 - J&J調べ

習慣的に喫煙している人の割合、2割を下回る - 男性が大幅に減少

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事