Google「Android 4.1 "Jelly Bean"」「Nexus 7」「Nexus Q」発表

米Googleは6月27日(現地時間)、開発者カンファレンスGoogle I/O(カリフォルニア州サンフランシスコ: 6月27日-29日)の初日キーノートで、Androidの新版「Android 4.1 "Jelly Bean"」、初のNexusブランドのAndroidタブレット「Nexus 7」、ストリーミングメディアプレイヤー「Nexus Q」などを発表した。

Android 4.1 "Jelly Bean"はパフォーマンスや反応性が強化され、前バージョンのIce Cream Sandwichよりも高速かつスムースに動作する。テキスト入力や通知機能、検索機能が大幅に改善されており、またホーム画面で柔軟にウイジェットをリサイズできる。リリース予定は7月。

Nexus 7はGoogleがGoogle Playを通じて販売する。製造パートナーはASUS。7型(1280×800ドット)のIPSディスプレイを搭載。CPUはTegra 3(4コア)、RAMは1GBだ。無線機能はWi-Fi(802.11 b/g/n)とBluetooth。120万ピクセルの前面カメラ、マイク、NFC、加速度センサー、ジャイロスコープ、磁気センサーなどを搭載する。サイズは198.5×120×10.45ミリで、重さは340グラム。バッテリー駆動時間は最大8時間。OSはAndroid 4.1 "Jelly Bean"だ。

まずは米国、英国、カナダ、オーストラリアのGoogle Playで販売する。ラインナップは8GBモデルと16GBモデルで、米国での価格はそれぞれ199ドルと249ドル。すでに予約受付が始まっており、出荷予定は7月中頃となっている。

Nexus QはGoogleのクラウドサービスGoogle Playと連携する。Nexus QをスピーカーやAVレシーバー、HDテレビに接続し、例えばAndroidスマートフォンを使ってGoogle Playの音楽ライブラリ内の音楽を、Nexus Qにストリーミング再生させられる。Google Play内のコンテンツをたくさんの人たちと楽しめるようにすることから、GoogleはNexus Qを「ソーシャルストリーミングメディアプレイヤー」と呼んでいる。

球形のデザインにLEDライトの帯

NFCに対応

CPUはOMAP4460、メモリーは1GB、ストレージは16GB。インターフェイスは、マイクロHDMI、TOSLinkオプティカルオーディオ、10/100Base-T Ethernet、Micro AV USB、スピーカー出力用バナナジャックなど。無線機能はWi-Fi(802.11 b/g/n)とBluetooth。NFCに対応する。サイズは直径116ミリで、重さは923グラム。OSはAndroid 4.0 "Ice Cream Sandwich"だ。7月中頃出荷予定で、米国のGoogle Playでの価格は299ドル。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事