米ViewSonic製の7型Androidタブレット「ViewPad 7e」の日本特別仕様が発売

 

シネックスインフォテックは、米ViewSonic社製の7インチAndroidタブレット「ViewPad 7e」を6月22日に発売する。価格はオープン、店頭想定販売価格は17,800円。日本語入力メソッドにATOKを採用するなど日本だけの特別仕様となっている。

「ViewPad 7e」

「ViewPad 7e」はAndroid 2.3、1GHzのプロセッサ(ARM Cortex A8)を搭載した7インチのタブレット端末。本体側面には1080pフルスペックハイビジョンに対応したHDMIビデオ端子を備え、HDMI対応デバイスに接続できる。

日本向けの特別仕様になっており、日本語入力メソッドにATOKを採用。デジタルコンテンツサービス「Tapnowマーケット」をプリインストールする。また、美しく見やすい国産フォント「モトヤL シーダ3」を標準搭載する。

そのほかの主な仕様は、メモリはRAM512MB、ROM4GB。インタフェースは300万画素の背面カメラ(オートフォーカス)、30万画素のフロントカメラ、IEEE 802.11b/g/n準拠、Bluetooth 2.1 + EDR。Mini-USB2.0x1、microHDMI(Dタイプ)x1(1080P対応)、microSDカードスロットx1(最大32GB)、3.5mmステレオミニジャックx1。バッテリーは3,300mAhリチウムイオンバッテリー。音楽再生は約11時間、動画再生は約4.5時間、web閲覧は約4.8時間。サイズ/重量は縦192x横137x厚さ14.1(mm)、450g。

人気記事

一覧

新着記事

Dialog、TSMC 650V GaN on Siプロセスを採用したパワー半導体を発表
[16:56 8/25] テクノロジー
iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ
親の経済力は子が食べる食品に"格差"を生む - 厚労省の乳幼児栄養調査
[16:34 8/25] ヘルスケア
ソフトバンク、「東京お台場FreeWiFi」に電話認証を導入
[16:26 8/25] スマホとデジタル家電