Apple、「Mac Pro」をアップデート - クアッドコア/12コア/Serverを設定

 

米Appleは6月11日(現地時間)、プロセッサを強化した新型「Mac Pro」を発表した。同日開催されているWWDCで新製品が大々的に発表されたMacBook Pro/Airシリーズとは異なり、ひっそりとアップデートが行われる形となったMac Proだが、前世代から2年近い空白期間を経て、性能面では現時点でMac製品最高スペックの水準へと引き上げられている。

Mac Pro

Mac Proの基本コンフィグレーションは「クアッドコア」「12コア」「Server」の3種類が用意されている。「クアッドコア」はシングルプロセッサモデルで、デフォルトではクアッドコアXeon 3.2GHzだが、BTOで6コアXeon 3.33GHzへと拡張できる。「12コア」はデュアルプロセッサモデルで、デフォルトでは6コアXeon 2.40GHz×2 (12コア)となっているが、やはりBTOでプロセッサの駆動周波数を2.66GHzまたは3.06GHzへと拡張可能になっている。「Server」はハイブリッドモデルで、「クアッドコア」「12コア」で選択可能なプロセッサのコンフィグレーションをすべて選ぶことができる。違いは搭載OSの部分で、「クアッドコア」「12コア」がOS X "Lion"なのに対し、「Server」ではOS X Server "Lion"が搭載されており、価格比で他製品に比べて500ドルほど上乗せされている。

搭載メモリは「クアッドコア」がデフォルトで6GB、「12コア」が12GBとなっており、それぞれ最大で32GBまたは64GBへと拡張可能。デフォルトのメモリ搭載量は前世代のMid-2010モデルから倍増しているが、最大搭載容量に変化はない。ストレージは標準で1TB HDDを搭載しているほか、BTOで2TB HDDまたは512GB SSDを選択可能。さらに拡張ベイを使って最大4つのHDDまたはSSDを搭載できる。グラフィックスに関してははMid-2010から変化はなく、デフォルトで ATI Radeon HD 5770 1GB、BTOでATI Radeon HD 5870 1GBが選択可能。また新たにATI Radeon HD 5770 1GBのカードを2枚挿入できるオプションが追加されている。搭載光学ドライブは18倍速SuperDriveで、オプションでデュアルドライブへの変更も可能。

背面のインタフェース部。昨年来Macで採用が進むThunderbolt、MacBook Pro/Airで採用されたUSB 3.0は非搭載

インターフェイスはビルトインAirPort Extremeが搭載されており、IEEE 802.11a/b/g/nに対応。Bluetooth 2.1 + EDRのほか、ギガビットイーサポートを2つ備える。このほか、4つのFireWire 800ポート(2つが前面パネル、残り2つが背面パネル)、5つのUSB 2.0ポート(2つが前面パネル、残り3つが背面パネル)を備える。ただしUSB 3.0とThunderboltはこの世代ではサポートされず、これはチップセットの関係だと思われる。DisplayPortについてはグラフィックスカード側から供給される。

価格は「クアッドコア」の基本構成が2499米ドル(21万8800円)、「12コア」が3799米ドル(32万8800円)、「Server」が2999米ドル(25万8800円)となっている。なお、「12コア」でプロセッサ/メモリ/グラフィックスを最大構成にした場合の価格は8399米ドル(73万600円)となっている。

Thunderboltインタフェースを搭載していないため、Apple純正のディスプレイとしてはApple LED Cinema Displayと組み合わせることになる

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

カーエレクトロニクスの進化と未来 第91回 冗長構成に向いたARMのCortex-R52安全管理プロセッサ
[09:00 9/27] テクノロジー
「実は損している」節約行動4選
[09:00 9/27] マネー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第12回 最新版がリリース、LibreOfficeをアップデートしよう
[09:00 9/27] 企業IT
【連載特別企画】広がるMATLAB/Simulinkの世界 第3回 MATLABを使った鉄道の乗り心地の可視化ツール - 鉄道総合技術研究所
[09:00 9/27] テクノロジー
フジ新人永尾亜子アナ『みんなのニュース』で初レギュラー「一歩一歩」
[08:31 9/27] エンタメ