映画『スノーホワイト』週末3日間の興行収入は5500万ドル超え、さらに続編製作も決定

『スノーホワイト』では白雪姫を演じるクリステン・スチュワート (C)BANG Media International

映画『スノーホワイト』の続編が早くも決定した。全米で週末3日間のオープニング興行収入が5500万ドル超(約43億6,000万円)を叩き出し、日本でも6月15日公開予定の同作だが、ユニバーサル・スタジオ側が早くも続編の制作にゴーサインを出したという。

デヴィッド・コープが続編の脚本家に抜擢され、第1作の後日談が描かれるようだ。クリステン・スチュワートとクリス・ヘムズワースは共に2本のオプション契約を結んでいることから、続編に出演する可能性が高いが、一方のシャーリーズ・セロンが悪役で続投するかは不明。

また、第1作目が監督デビュー作となっ たルパート・サンダーズが続投するかも明らかにされていない。クリスは以前、クリステンと一緒に続編を書いているものの、成功しそうにないと冗談めかして語っていた。「2人で書いているよ、『スノーホワイト2』をね。でもそれが実現したら映画館で上映されず、そのままビデオ作品にされちゃいそうだよ」

(C)BANG Media International

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事