Apple、WWDC 2012基調講演は11日午前10時から

 

米Appleは米サンフランシスコで開催する開発者カンファレンス「Worldwide Developers Conference (WWDC) 2012」(6月11日-15日)で、現地時間11日午前10時から基調講演を行う。WWDC 2012参加者向けのスケジュールで明らかになった。

開発者が集まるWWDCの基調講演は、主にAppleが次世代OSや次世代プラットフォームの概要を説明する場になる。昨年同社は「OS X Lion」と「iOS 5」を披露し、「iCloud」を正式発表した。今年は2月にデベロッパープレビューが登場した「OS X Mountain Lion」のほか、iOSの次期メジャーバージョンに関する情報公開が期待されている。OSやソフトウエアの話題以外にも、2009年のMacBook Proや2010年のiPhone 4など、WWDC基調講演では夏商戦に向けたハードウエアの発表も行われてきた。2012年はまだMacの新製品が登場していないことからハードウエアの製品発表が行われる可能性が高く、Retinaディスプレイを搭載したMacBook Proが登場するのではないかというような噂が飛び交っている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

シャープ、プラズマクラスター技術による結核感染リスクの低減効果を発表
[19:20 9/26] ヘルスケア
ON Semi、低照度産業用イメージングに適した8メガピクセルイメージセンサ
[19:11 9/26] テクノロジー
[沢村一樹]朝ドラ初出演に抱負?「とにかくさわやかに」
[19:09 9/26] エンタメ
日本鉱物科学会が「日本の石」にひすい選定
[19:00 9/26] テクノロジー
「怪獣」と「東京」の切っても切れない関係 - 怪獣ファンが見た『空想脅威展』
[19:00 9/26] ホビー