東京電力が夏期の電力需給見通しを発表 - 猛暑でも安定供給の見通し

東京電力は5月18日、今夏の需給見通しを発表した。これによると、現在実施中の新規電源設置工事の推進などに努めた結果、7月は5,786万kW、8月は5,771万kWの供給力を確保できるという。

同社では、新規電源の設置工事などに努めた結果、最大需要発生日の2011年8月18日の供給力の5,460万kWを上回る供給力を確保できる見通しとなったとしている。

東京電力の今夏の供給力の内訳

今夏の需要は、昨年来の節電の効果などを踏まえ、平年並みの気温の場合で5,360万kW、猛暑だった2010年並みの猛暑の場合で5,520万kWの見通しとなるが、猛暑の場合でも予備力250万kW程度、予備率4.5%程度であり、今夏は安定供給を確保できる見通しとしている。

東京電力の今夏の需給の見通し



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事