Appleが次世代iPhoneで4インチパネルを採用か - WSJ報道

 

米Appleが現在開発を進めていると噂される次期iPhoneについて、従来までの3.5インチサイズのディスプレイを止め、より大型のものを採用する計画を立てていると、米Wall Street Journal (オンライン版)が5月16日(現地時間)に報じている。この大型ディスプレイパネルの生産は来月にもスタートする見込みで、そのサイズは少なくとも4インチクラスのものになるという。

これは関係者からの話を報じたもので、パネルメーカーには韓国LG Displayのほか、シャープ、先日発足したばかりのジャパンディスプレイなどが調達先として挙げられているという。現在、スマートフォンのディスプレイサイズの大型化が進んでおり、最新のハイエンド機では4.5インチ以上のものも珍しくない。もし報道が事実であれば、こうしたトレンドに合わせたものになるだろう。一方で、3.5インチの固定サイズを前提にiPhone向けの周辺機器やアプリを開発しているメーカーやデベロッパーらは、こうした変化に合わせて対応を迫られることになる。

人気記事

一覧

新着記事

初音ミクが「LUX」新CMに登場、ツインテール卒業か? - S・ヨハンソンも応援
[19:00 8/26] ホビー
相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線ともに開業延期 - 建設費4,000億円以上に
[18:55 8/26] ホビー
航空自衛隊向けステルス戦闘機「F-35A」、初飛行に成功
[18:41 8/26] テクノロジー
[週間トルネ番付]「ジョジョ」トップ変わらず 8月3週アニメ編
[18:35 8/26] ホビー
ASUS、薄型軽量2in1 PC「TransBook」に新モデル - 12.6型と10.1型そろえる
[18:33 8/26] パソコン