Appleが次世代iPhoneで4インチパネルを採用か - WSJ報道

 

米Appleが現在開発を進めていると噂される次期iPhoneについて、従来までの3.5インチサイズのディスプレイを止め、より大型のものを採用する計画を立てていると、米Wall Street Journal (オンライン版)が5月16日(現地時間)に報じている。この大型ディスプレイパネルの生産は来月にもスタートする見込みで、そのサイズは少なくとも4インチクラスのものになるという。

これは関係者からの話を報じたもので、パネルメーカーには韓国LG Displayのほか、シャープ、先日発足したばかりのジャパンディスプレイなどが調達先として挙げられているという。現在、スマートフォンのディスプレイサイズの大型化が進んでおり、最新のハイエンド機では4.5インチ以上のものも珍しくない。もし報道が事実であれば、こうしたトレンドに合わせたものになるだろう。一方で、3.5インチの固定サイズを前提にiPhone向けの周辺機器やアプリを開発しているメーカーやデベロッパーらは、こうした変化に合わせて対応を迫られることになる。

人気記事

一覧

新着記事

[久松郁実]「マガジン」で初表紙 セクシーなビキニ姿に“絶対ほれる!”
[00:00 9/28] エンタメ
TVアニメ『双星の陰陽師』第25話のあらすじ&先行場面カット公開
[00:00 9/28] ホビー
「三者三葉」アニメ公式ガイド、キャストのグラビアインタビューや設定資料も
[23:31 9/27] ホビー
「この美術部には問題がある!」7巻は女装回や水着回を収録、書店特典も
[23:28 9/27] ホビー
LINEトークに浪漫の嵐!「サクラ大戦」20周年記念スタンプ
[23:23 9/27] ホビー