「4G」表記はミスリード? Appleが一部地域でのiPadモデル名を変更へ

米Appleが今春発売を開始した新型iPad (「The new iPad」)について、一部地域で同製品の広域データ通信対応モデルの名称を変更したことが話題になっている。以前まで携帯電話ネットワーク対応モデルは「iPad Wi-Fi + 4G」と表記されていたものが、「iPad Wi-Fi + Cellular」という名称になっているのだ。これは4Gの表記があるにも関わらず、キャリアによっては4Gで期待されるに満たない速度での接続しか提供されないため、ユーザーや各国政府機関からのクレームを受けたことに対処したものだと思われる。

米国ストアの表記は、すでに「Wi-Fi + Cellular」となっている

ドイツのストアの表記は、「iPad Wi-Fi + 4G」のまま

例えば米国ではVerizon Wirelessのネットワークを利用することによりLTEのサービスを利用できるが、AT&Tの場合にはHSPA+のネットワーク利用となる。厳密にはLTE-AdvancedとWiMAX2という2つの次世代規格のみが「4G」に該当するとされていたが、T-Mobile USAが「HSPA+を4Gとする」広告キャンペーンを展開して大議論に発展した経緯もあり、現在では現行のLTEやWiMAX、HSPA+も含めて「4G」と認める決定が米国やITUで出されている。そのため、「iPad Wi-Fi + 4G」という表記自体は米国においては問題とならないと考えられる。

だが米国外においてはLTEを使ってのネットワーク接続が行えないなど、「iPad Wi-Fi + 4G」の本来の能力を期待できないケースがある。Apple Insiderの記事によれば、4月に入り英国でiPadの「4G」広告表記に関する調査がスタートしたほか、3月末にはオーストラリア政府が「広告がミスリード」だとしてAppleに対して法的措置を講ずるなど、水面下での動きが始まっていた。米国をはじめ、これら2地域のWebサイトではすでに「iPad Wi-Fi + Cellular」の表記に変更されている。5月15日現在、日本をはじめとする他地域ではまだ「iPad Wi-Fi + 4G」の表記が残っているものの、いずれ「iPad Wi-Fi + Cellular」の表記に統一されていくものとみられる。

関連記事
3Gの「HSPA+」が「4G」!? 米T-MobileのCMを巡ってライバルらが非難(2010年11月4日)
【コラム】シリコンバレー101 (457) 新しいiPadとLTEの組み合わせは諸刃の剣(2012年3月30日)
【レポート】"新しいiPad"発売 - アップルストア銀座には約450人の列、先頭の男性は37時間待ち!(2012年3月16日)
アップル、新「iPad」を発表 - Retinaディスプレイ採用、4G LTE対応(2012年3月8日)
【レポート】「NTTドコモがLTE対応iPhone/iPadを販売」の報道について考える(2011年12月1日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事